交通事故に遭った直後はまず人身事故の届け出を早めに出しましょう

交通事故の後遺障害を一緒に考える会

交通事故によって後遺症が残る場合は後遺障害認定を受ける必要があります。
私たちは後遺障害で困ったことや疑問を解決するための情報サイトを運営しています。

トップページ >人身事故の届け出は早めに

人身事故の記載がないと自賠責保険の対象になりません

交通事故でケガをした場合、公的に証明してくれる書類は交通事故証明書となります。
交通事故証明書には、事故の発生場所、日時、被害者、加害者両名の氏名、
どういった交通事故であったか記載されています。

交通事故証明書に人身事故の記載がないと自賠責保険の対象となりません!

交通事故証明書の記載内容に、物損事故、人身事故という表示があります。
物件事故であれば、自賠責保険の支払い対象外となります。
自賠責保険は、交通事故があった場合、加害者側が任意保険に入ってないなど、
被害者への最低限の救済を目的としているため、保険の対象が対人に限られていますので、
人身事故にしていなければ原則自賠責保険は受けることができません。

事故直後は軽傷だと思っていても後遺障害が残る場合があります!

なお、むち打ち症状があった場合も、加害者側の意向で、
治療費等の支払いを保証することを条件に、
人身事故にしないように頼まれる事もしばしばあります。

被害者としては、同じだけの補償が確約されるのであればということで、
応じる方も多いのですが、後遺障害申請の際に問題になりますので、
痛みがある程度続く場合は人身事故にしておくことが無難です。

事故直後、外傷や痛みが無い場合の物損事故扱いに注意!

明らかに大きな怪我ですぐ病院に行く場合は、
人身事故として扱われますが、交通事故直後には身体に異変がなくて、
痛みがない場合は物損事故として扱われます。

交通事故後は緊張や動転している場合が多く、
身体に痛みを感じない場合も多くあります。

頭を打った場合などは、精密検査を病院でしてもらうことをおすすめします。 

交通事故から数日経って身体に異常が現われたときは、
できるだけ早めに病院で診てもらってください。
交通事故発生日から受診までの日数が開いてしまうと、
交通事故とケガの因果関係に疑問を持たれたり、
後々のトラブルにつながる可能性が高くなります。

むち打ちの場合は必ず事故当日の受診を!

なお、むち打ち損傷の場合、交通事故当日、翌日以降に時間をおいてから受診した場合は
まず事故での受傷との因果関係を指摘され、否定されますのでご注意ください。

「多忙で受診できなかった」は通用しません!

本人の仕事が忙しくて病院に行けないというのは、理由になりませんので
早急な対処が必要となります。診察の結果、異状が認められましたら、
警察へ提出する診断書を作成してもらい人身事故の届け出を出してください。

異常が認められれば診断書をすぐに提出しましょう

診断書を提出する窓口は、交通事故が発生した現場を管轄する警察署に持って行って下さい。

診断書から警察が人身事故であると判断をすると、
再度現場検証や事情聴取を警察がする場合もあります。
しっかりと現場検証をしてもらい、事故との因果関係をハッキリとさせていきましょう。

交通事故から日数が経過すると、受け付けない警察もあります。
交通事故後の素早い対応が鍵となります。

交通事故発生から時間が開いてしまい、警察署で人身への切り替えをしてもらえない場合
人身事故証明書入手不能理由書というものを作成して警察に提出しましょう。