交通事故の後遺障害を一緒に考えるサイトが裁判も視野に入れたご自身を守る方法をご紹介致します

交通事故の後遺障害を一緒に考える会

交通事故によって後遺症が残る場合は後遺障害認定を受ける必要があります。
私たちは後遺障害で困ったことや疑問を解決するための情報サイトを運営しています。

トップページ >証拠は自分でも撮る

交通事故の後遺障害を一緒に考えるサイトがご紹介する証拠品の保管や記録の仕方

交通事故をして現場と車の傷はシッカリと写真に収めることをおすすめします。
後遺障害のことも考えて、ブレーキの痕、タイヤ痕、車両の停止位置、角度、
ガラスや車両の部品の落下位置
など、携帯のカメラでも良いのでしっかりと押さえることです。

事故車両の損傷もしっかりとカメラに何枚もおさめて下さい。
のちに重大な証拠となる場合もあります。

人の意識は変わりやすく、記憶の曖昧さを利用して
事実と違うことをいうこともあります。

証拠が無いと事故との因果関係が不明確で後遺障害の認定が受けられないことも!

裁判の時にも、役に立つ証拠となりますので事故後で動転していることもあると思いますが、
今後の人生を左右することとなりますので証拠となるものは、
しっかりと集めておくことが自分を守る最大の武器となります。

交通事故の被害では最終的に裁判になることもあります。
被害額が大きくなると保険会社は営利企業のため、
賠償額を低くしようと努めますので査定も厳しくなります。

このようなケースに備え、交通事故直後からできる限り証拠を残すようにして下さい。
警察、保険会社、人任せにしていると大変な目にあります。

証拠品となるものは出来る限り現物保管しておきましょう

交通事故時によって変化したヘルメット、破損した車、血が付いた衣類などは、
交通事故の大きさを想像させる証拠となります。保管できるのであれば保管をしましょう。
交通事故した車も廃車にする前にしっかりと写真で押さえておいてください。

交通事故の現場状況は動かぬ証拠に!

交通事故現場の写真も事故の事実関係を知る上で大切な証拠となります。
現場周辺の監視カメラがあればチェックし、
管理している会社に問い合わせて映像を押さえておきましょう。

現場の証拠は時間が立つに連れて、ドンドン消えていきます。

写真があると無いとでは、裁判の時に大きく結果を左右します。
交通事故の真実を立証するためにも証拠を残しておきましょう。
真実を勝ち取り、適正な損害賠償をもらうために証拠を押さえて下さい。