腕からくる症状についてご紹介致します

交通事故の後遺障害を一緒に考える会

交通事故によって後遺症が残る場合は後遺障害認定を受ける必要があります。
私たちは後遺障害で困ったことや疑問を解決するための情報サイトを運営しています。

トップページ >症例インデックス >頭の症状でお悩みの方

一つでも当てはまれば症状の疑いがあります

腕(前腕・肘・上腕)の症状でお悩みの方 上記の症状だった場合、認定される等級とは?

■上腕骨(近位・骨幹・遠位部)骨折、肘頭骨折、肘関節脱臼、変形性肘関節症、肘部管症候群、橈骨頭、橈骨頸部骨折、橈骨・尺骨骨幹部骨折、Monteggia骨折、Galleazzi骨折、橈骨遠位部骨折、Volkmann拘縮、橈骨神経麻痺、正中神経麻痺、尺骨神経麻痺

  • □具体的な症状
  • 上肢の欠損や変形、可動域制限や痛みなどの症状が残存する場合があります。
  • □認定可能性のある等級
  • 等級 障害の程度
  • 上肢
  • 欠損障害
  • 1級3号:両上肢を肘関節以上で失ったもの
  • 2級3号:両上肢を手関節以上で失ったもの
  • 4級4号:1上肢を肘関節以上で失ったもの
  • 5級4号:1上肢を手関節以上で失ったもの
  • 機能障害
  • 1級4号:両上肢の用を全廃したもの
  • 5級6号:1上肢の用を全廃したもの
  • 6級6号:1上肢の3大関節中の2関節の用を廃したもの
  • 8級6号:1上肢の3大関節中の1関節の用を廃したもの
  • 10級10号:1上肢の3大関節中の1関節の機能に著しい障害を残すもの
  • 12級6号:1上肢の3大関節中の1関節の機能に障害を残すもの
  • 変形障害
  • 7級9号:1上肢に偽関節を残し、著しい運動障害を残すもの
  • 8級8号:1上肢に偽関節を残すもの
  • 12級8号:長官骨に変形を残すもの
  • 局部神経障害
  • 12級13号:局部に頑固な神経症状を残すもの
  • 14級9号:局部に神経症状を残すもの
認定事例

※交通事故による受傷内容及び残存症状の内、特に相談の多いものを例示しています。
全ての傷病名・後遺障害について提示しているわけではございませんので、
個別の事案については無料相談をご利用ください。

「交通事故の後遺障害認定を一緒に考えるサイト」は行政書士法人交通事故・後遺障害
サポートセンター交通事故後遺障害サポートネットワーク が運営しております。
後遺障害のことなら我々にご相談ください。

交通事故・後遺障害相談サイトへ
後遺障害を部位で調べる