もしかするとその症状は事故が原因かもしれません

交通事故の後遺障害を一緒に考える会

交通事故によって後遺症が残る場合は後遺障害認定を受ける必要があります。
私たちは後遺障害で困ったことや疑問を解決するための情報サイトを運営しています。

トップページ >症例インデックス >頭の症状でお悩みの方

自分から積極的に医療機関へ相談しましょう

頭の症状でお悩みの方 上記の症状だった場合、認定される等級とは?

■耳の損傷・耳漏 等

1,聴力障害

  • □具体的な症状
  • 頭部外傷や聴力を司る神経や器官に損傷を受けた場合、耳が聞こえなくなったり、聞こえ難くくなったりする障害です。
  • □認定可能性のある等級
  • 聴力障害
  • 両耳
  • 4級3号:両耳の聴力を全く失ったもの
  • 6級3号:両耳の聴力が耳に接しなければ大声を解することができない程度になったもの
  • 6級4号:1耳の聴力を全く失い、他耳の聴力が40cm以上の距離では普通の話し声を解することができない程度になったもの
  • 7級2号:両耳の聴力が40cm以上の距離では、普通の話し声を解することができない程度になったもの
  • 7級3号:1耳の聴力を全く失い、他耳の聴力が1m以上の距離では普通の話し声を解することができない程度になったもの
  • 9級7号:両耳の聴力が1m以上の距離では普通の話し声を解することができない程度になったもの
  • 9級8号:1耳の聴力が耳に接しなければ大声を解することができない程度になり、他耳の聴力が1m以上の距離では普通の話し声を解することが困難である程度になったもの
  • 10級5号:両耳の聴力が1m以上の距離では普通の話し声を解することが困難である程度になったもの
  • 11級5号:両耳の聴力が1m以上の距離では小声を解することができない程度になったもの
  • 9級9号:1耳の聴力を全く失ったもの
  • 10級6号:1耳の聴力が耳に接しなければ大声を解することができない程度になったもの
  • 11級5号:1耳の聴力が40cm以上の距離では普通の話し声を解することができない程度になったもの
  • 14級3号:1耳の聴力が1m以上の距離では小声を解することができない程度になったもの

2,耳介の欠損

  • □具体的な症状
  • 耳殻の軟骨部の1/2以上を欠損した場合、後遺障害として認められます。また耳殻軟骨部の1/2以上には達しない欠損であっても「外貌の醜状」として認定されることがあります。
  • □認定可能性のある等級
  • 耳介の欠損
  • 12級4号:1耳の耳介の大部分を欠損したもの

上記症状の他にも脳損傷に起因する残存症状についてそれぞれ、後遺障害として評価される症状もあります。

認定事例
高次脳機能障害により能力の低下、感情コントロールの低下等の症状が残り併合2級が認定された事例
傷病名: 高次脳機能障害、難聴、嗅覚脱失
認定等級: 併合2級  3級3号、12級相当、14級相当
  • 平成22年8月
  • 九州地方
30代男性
交通事故により高次脳機能障害等の症状を残す。相談時より常に本人が対応され、基本的な意思疎通は行えたものの、残存症状として感情コントロールができなくなり、家族が離散することになっていた。復職のめども立たなかったことから、後遺障害の評価を進め、申請を進めた結果、高次脳機能障害として3級の認定を得るに至った。
記入責任者:藤井秀幸
9年前の受傷で、症状固定をせずに通院を続けていた状況での受任。高次脳機能障害、めまいで併合5級が認定された事例
傷病名: 高次脳機能障害、めまい、聴力低下
認定等級: 5級2号、14級相当
  • 平成20年10月
  • 東海地方
20代女性。
9年前の受傷で、症状固定をせずに通院を続けていた状況での受任。
めまい、頭痛の症状が強く、定期的な通院が必要であったことから、ご家族は症状固定により治療費が打ち切られることを心配されていたため、後遺障害認定の重要性、手帳の取得で治療費負担が軽減できることを理解して頂いた上で、受任、着手した。
初回申請では神経系統又は精神の障害として7級4号の認定となったものの、異議申立の余地があったため、医証および日常生活上の支障を更に追加し、異議申立を行ったところ、5級への等級変更となった。
ご本人、ご家族が想定していたよりもはるかに高い認定となったことで、大変喜んで頂くことが出来た。
等級確定後、弁護士へ引き継ぎをして業務完了。
記入責任者:藤井秀幸

※交通事故による受傷内容及び残存症状の内、特に相談の多いものを例示しています。
全ての傷病名・後遺障害について提示しているわけではございませんので、
個別の事案については無料相談をご利用ください。

「交通事故の後遺障害認定を一緒に考えるサイト」は行政書士法人交通事故・後遺障害
サポートセンター交通事故後遺障害サポートネットワーク が運営しております。
後遺障害のことなら我々にご相談ください。

交通事故・後遺障害相談サイトへ
後遺障害を部位で調べる