目の症状でお悩みの方

交通事故の後遺障害を一緒に考える会

交通事故によって後遺症が残る場合は後遺障害認定を受ける必要があります。
私たちは後遺障害で困ったことや疑問を解決するための情報サイトを運営しています。

トップページ >症例インデックス >目の症状でお悩みの方

少しでも異常が見られた際はまず医療機関へご相談下さい

目の症状でお悩みの方 上記の症状だった場合、認定される等級とは?

■眼球の損傷・眼窩底骨折・視神経損傷 等

1,視力障害

  • □具体的な症状
  • 眼球への直接外傷を受けたり、頭蓋骨骨折等に伴い視神経を損傷したりして、失明、視力低下などの後遺障害が残ります。
  • □認定可能性のある等級
  • 等級 障害の程度
  • 眼球
  • 視力障害
  • 1級1号:両眼が失明したもの
  • 2級1号:1眼が失明し、他眼の視力が0.02 以下になったもの
  • 2級2号:両眼の視力が0.02 以下になったもの
  • 3級1号:1眼が失明し、他眼の視力が0.06 以下になったもの
  • 4級1号:両眼の視力が0.06以下になったもの
  • 5級1号:1眼が失明し、他眼の視力が0.1以下になったもの
  • 6級1号:両眼の視力が0.1以下になったもの
  • 7級1号:1眼が失明し、他眼の視力が0.6以下になったもの
  • 8級1号:1眼が失明し、又は、1眼の視力が0.02以下になったもの
  • 9級1号:両眼の視力が0.6以下になったもの
  • 9級2号:両眼の視力が0.6以下になったもの
  • 10級1号:1眼の視力が0.1以下になったもの
  • 13級1号:1眼の視力が0.6以下になったもの

2,調節機能障害・複視・斜視

  • □具体的な症状
  • 眼は水晶体の厚みが変化することでピントの調整を行いますが、調節にかかわる筋等に障害が起きることによって調節力が減退することがあります。また、ものが二重に見える複視や片方の目は視線が正しく目標とする方向に向いているが、もう片方の目が内側や外側、あるいは上や下に向いている斜視等が起こります。
  • □認定可能性のある等級
  • 等級 障害の程度
  • 調節機能障害
  • 11級1号:両眼の眼球に著しい調節機能障害を残すもの
  • 12級2号:1眼の眼球に著しい調節機能障害を残すもの
  • 運動障害
  • 10級2号:正面視で複視を残すもの
  • 11級1号:両眼の眼球に著しい運動障害を残すもの
  • 12級1号:1眼の眼球に著しい運動障害を残すもの
  • 13級2号:正面視以外で複視を残すもの
  • 視野障害
  • 9級3号:両眼に半盲症、視野狭窄又は視野変状を残すもの
  • 13級3号:1眼に半盲症、視野狭窄又は視野変状を残すもの

3,まぶた欠損障害

  • □具体的な症状
  • まぶたの欠損によって、まぶたを閉じたときに完全に角膜を覆い得ない、また白目が見えるなどの障害をいいます。
  • □認定可能性のある等級
  • まぶた
  • 欠損障害
  • 9級4号:両眼のまぶたに著しい欠損を残すもの
  • 11級3号:1眼のまぶたに著しい欠損を残すもの
  • 13級4号:両眼のまぶたの一部に欠損を残し、又はまつげはげを残すもの
  • 14級1号:1眼のまぶたの一部に欠損を残し、又はまつげはげを残すもの

4,まぶた運動障害

  • □具体的な症状
  • まぶたの開閉に支障があり、開瞼時に瞳孔領を完全に覆う、または閉瞼時に角膜を完全に覆い得なくなります。
  • □認定可能性のある等級
  • まぶた
  • 運動障害
  • 11級2号:両眼のまぶたに著しい運動障害を残すもの
  • 12級2号:1眼のまぶたに著しい運動障害を残すもの
認定事例
高次脳機能障害の症状が顕著に残存していたが、症状固定時点で復職していた事案
傷病名: 高次脳機能障害、複視
認定等級: 併合6級(7級4号、10級2号)
  • 平成24年3月(平成24年1月)
  • 近畿地方
20代男性
WAIS-Ⅲ(FIQ100 VIQ107 PIQ91)
D-CAT(一部cut off以下)
振戦により書字不可
MRI上微小出血を確認、びまん性軸索損傷と診断
◯◯病院神経内科 ◯◯
左眼神経麻痺による複視
△△病院眼科 △△
神経心理学検査での数値は顕著な低下は確認できなかったものの、一部で軽度低下が確認されたこと、また復職後の職場での支障について丁寧にまとめ、申請したところ無事認定を得ることができた。高次脳機能障害としては7級に留まったが、神経心理学検査の数値や申請時、受傷前と同じ仕事内容で復職していたことを考えるとベストの結果であったと考えられる。
示談案提示後、弁護士への紹介も提示したものの、その後連絡がなかったことから、ご家族で交渉を進められたか、独自に弁護士に依頼されたものと思われる。
記入責任者:藤井秀幸
高次脳機能障害と眼の障害で併合2級が認定された事例
傷病名: 高次脳機能障害、正面視での複視、右目調節機能障害、鎖骨変形障害
認定等級: 3級3号、9級相当、12級5号  併合2級
  • 平成22年12月
  • 中部地方
10代後半男性
本人は高次脳機能障害により表情が乏しくなっており、意欲の減退も著しく、仕事も復職の目処が立たない状況であった。
高次脳機能障害と併せて、複視、調節機能障害、鎖骨変形障害も残存していたため、それぞれでの適切な認定を目指し、着手。
全ての症状での認定がなされるよう、各科での検査、評価を進め、診断書、意見書を取り付け、申請をした結果、併合2級の認定を得るに至った。
認定後、弁護士へ引き継ぎをして業務終了。
記入責任者:藤井秀幸

※交通事故による受傷内容及び残存症状の内、特に相談の多いものを例示しています。
全ての傷病名・後遺障害について提示しているわけではございませんので、
個別の事案については無料相談をご利用ください。

「交通事故の後遺障害認定を一緒に考えるサイト」は行政書士法人交通事故・後遺障害
サポートセンター交通事故後遺障害サポートネットワーク が運営しております。
後遺障害のことなら我々にご相談ください。

交通事故・後遺障害相談サイトへ
後遺障害を部位で調べる