足からくる症状についてご紹介致します

交通事故の後遺障害を一緒に考える会

交通事故によって後遺症が残る場合は後遺障害認定を受ける必要があります。
私たちは後遺障害で困ったことや疑問を解決するための情報サイトを運営しています。

トップページ >症例インデックス >頭の症状でお悩みの方

決定的な診断書と十分な準備が納得のいく等級認定に繋がります

足関節・足部の症状でお悩みの方 上記の症状だった場合、認定される等級とは?

■足関節捻挫、足関節骨折・脱臼、靭帯損傷、踵骨骨折、距骨骨折、足趾骨折、下垂足、変形性足関節症

  • □具体的な症状
  • 欠損や奇形、変形、短縮による障害や神経麻痺、可動域制限などの症状が残存する場合があります。
  • □認定可能性のある等級
  • 等級 障害の程度
  • 下肢
  • 欠損障害
  • >
  • 2級4号:両下肢を足関節以上で失ったもの
  • 4級7号:両足をリスフラン関節以上で失ったもの
  • 5級5号:1下肢を足関節以上で失ったもの
  • 7級8号:1足をリスフラン関節以上で失ったもの
  • 機能障害
  • 8級7号:1下肢の3大関節中の1関節の用を廃したもの
  • 10級11号:1下肢の3大関節中の1関節の機能に著しい障害を残すもの
  • 12級11号:1下肢の3大関節中の1関節の機能に著しい障害を残すもの
  • 短縮障害
  • 8級5号:1下肢を5センチメートル以上短縮したもの
  • 10級8号:1下肢を3センチメートル以上短縮したもの
  • 13級8号:1下肢を1センチメートル以上短縮したもの

2,大腿部

  • □具体的な症状
  • 大腿骨の奇形や変形・短縮などです。
  • □認定可能性のある等級
  • 等級 障害の程度
  • 下肢
  • 欠損障害
  • 1級5号:両下肢をひざ関節以上で失ったもの
  • 4級 5号:1下肢をひざ関節以上で失ったもの
  • 変形障害
  • 7級10号:1下肢に偽関節を残し、著しい運動障害を残すもの
  • 8級9号:1下肢に偽関節を残すもの
  • 局部神経障害
  • 12級13号:局部に頑固な神経症状を残すもの
  • 14級9号:局部に神経症状を残すもの
  • 足指
  • 欠損障害
  • 5級8号:両足の足指の全部を失ったもの
  • 8級10号:1足の足指の全部を失ったもの
  • 9級14号:1足の第1の足指を含み、2以上の足指を失ったもの
  • 10級9号:1足の第1の足指又は他の4の足指を失ったもの
  • 12級11号:1足の第2の足指を失ったもの、第2の足指を含み、2の足指を失ったもの又は、第3の足指以下の3の足指を失ったもの
  • 13級9号:1足の第3の足指以下の1又は2の足指を失ったもの
  • 機能障害
  • 7級11号:両足の足指の全部の用を廃したもの
  • 9級15号:1足の足指の全部の用を廃したもの
  • 11級9号:1足の第1の足指を含み2以上の足指の用を廃したもの
  • 12級12号:1足の第1の足指又は、他の4の足指の用を廃したもの
  • 13級10号:1足の第2の足指の用を廃したもの、第2の足指を含み、2の足指の用を廃したもの。又は、第3の足指以下の3の足指の用を廃したもの
  • 14級8号:1足の第3の足指以下の1又は2の足指の用を廃したもの
認定事例
傷病名: 左脛骨高原骨折、半月板損傷
認定等級: 12級
  • 平成21年
  • 中国地方

20代男性(留学生)

依頼者は中国からの留学生で、日本語はほぼ問題なく話せるものの、単身での生活であり、受傷により大変苦労をされていた。

しかしながら、加害者加入共済担当者より、理不尽な治療費支払い拒否等があり、後遺障害認定に不安を感じ、当事務所に依頼された。

症状固定時は受傷時の病院に戻っていたが、主治医が固定時点での画像所見を確認できず、後遺障害認定は非常に厳しいものと思われた。

そこで、治療期間中に内視鏡術を受けた病院にて再度精査を依頼したところ、内視鏡にて半月板の異常が確認でき、そのまま手術となった。

その後追加医証も取り付けて、申請を行ったところ、無事12級の認定がなされた。

記入責任者:藤井秀幸

前医が後遺症残存を否定・後遺障害等級申請に非協力であったため、ご本人の希望により●●整形外科に転院し、併合第12級が認定された。
傷病名: 右膝骨挫傷・右膝内障・頸椎捻挫
認定等級: 併合第12級認定(第12級7号+第14級9号)
  • 平成24年6月
  • 近畿地方

30代女性。

前医が後遺症残存に否定的・後遺障害等級申請に非協力的であり、後遺障害診断書記載依頼するが神経症状テストは一切されず、症状の推移の記載も無かった。ご本人の希望により●●整形外科に後遺障害診断書記載のみ依頼した。右膝関節の機能障害は右膝半月板切除によるものであり健側の可動域角度3/4以下に制限されていることから第127号、頸椎捻挫の残存症状については第149号が認められた。右膝関節の機能障害は20年程前の事故によるものであり、後遺障害診断書既存障害欄に「右膝半月板切除後」との記載があった。料率機構による既存障害についての医療紹介の結果「平成3年の詳細がわかる資料がないため記入できません」との回答があり、既存障害として評価されなかったため、今回の事故によるものと判断された。現存する障害を全て後遺障害診断書に記載されたことにより思いもかけない後遺障害等級が認定された事例。

記入責任者:松村三惠子

左膝は画像からも内外則半月板損傷と認められ12級、右膝は画像では明確にわからないが本人からの症状の訴えの一貫性により14級と判断され、併合12級と判断された。
傷病名: 半月板損傷
認定等級: 12級13号 14級9号
  • 平成25年1月
  • 関東地方

40代男性

半月版損傷にて14級認定で止まる場合、医師の記載が不十分であることが多く見られる。今回のケースは受傷から間もなかったので自覚症状との関連性も含め丁寧に後遺障害診断書に記載してもうことができ、12級が無事認定された。

記入責任者今西聖朗

足関節用廃にて8級7号、足指用廃にて9級15号
傷病名: 左股関節脱臼骨折 左腓骨神経麻痺
認定等級: 併合7級
  • 平成24年11月
  • 関東地方

30代男性

足首、足指の可動について他動では動くが自分の意思により動かすことができないことを証明する必要がある所見及び上記症状との因果関係についての意見書を作成し依頼することが望ましいと考え進めていった。自賠診断書にはDrop Footの記載があり、足首は常に垂れ下がっている状態。申請後料率機構より労災病院にて可動域の測定依頼があった。交通事故との因果関係が問題になりかねない事案であったが、慎重に申請書類を作成していくことで回避し、無事認定を得るに至った。

記入責任者今西聖朗

下肢1関節の廃用で8級7号、1足の足趾全廃用で9級15号の併合7級が認定、腓骨神経麻痺の発見が遅れたが無事認定となった事例
傷病名: 左足関節内果骨折・左腓骨神経麻痺
認定等級: 併合7級
  • 平成24年12月
  • 近畿地方

40代男性

左足関節内果骨折に伴う左腓骨神経麻痺。受傷から10ヶ月経過時点で受任。当初、足の可動域制限の相談があったが、話しを聞いてみると腓骨神経麻痺の疑いがあった。主治医では診断ができないために、専門医に腓骨神経麻痺に伴う診断・検査を依頼。各種検査結果、画像、医証と共に申請したところ併合7級の認定を受けることができた。

記入責任者:藤井秀幸

※交通事故による受傷内容及び残存症状の内、特に相談の多いものを例示しています。
全ての傷病名・後遺障害について提示しているわけではございませんので、
個別の事案については無料相談をご利用ください。

「交通事故の後遺障害認定を一緒に考えるサイト」は行政書士法人交通事故・後遺障害
サポートセンター交通事故後遺障害サポートネットワーク が運営しております。
後遺障害のことなら我々にご相談ください。

交通事故・後遺障害相談サイトへ
後遺障害を部位で調べる