手からくる症状についてご紹介致します

交通事故の後遺障害を一緒に考える会

交通事故によって後遺症が残る場合は後遺障害認定を受ける必要があります。
私たちは後遺障害で困ったことや疑問を解決するための情報サイトを運営しています。

トップページ >症例インデックス >頭の症状でお悩みの方

心当たりがないかしっかり確認しましょう

手(指・手首)の症状でお悩みの方 上記の症状だった場合、認定される等級とは?

■月状骨周囲脱臼、月状骨周囲靭帯損傷、手根骨骨折、TFCC損傷、手根不安定症、手根管症候群、中手骨骨折、指基節骨骨折、MP関節脱臼、PIP関節脱臼骨折、指屈筋腱損傷

1,手首

  • □具体的な症状
  • 手首の可動域制限や痛みなどの症状が残存する場合があります。
  • □認定可能性のある等級
  • 等級 障害の程度
  • 上肢
  • 欠損障害
  • 1級3号:両上肢を肘関節以上で失ったもの
  • 2級3号:両上肢を手関節以上で失ったもの
  • 4級4号:1上肢を肘関節以上で失ったもの
  • 5級4号:1上肢を手関節以上で失ったもの
  • 機能障害
  • 1級4号:両上肢の用を全廃したもの
  • 5級6号:1上肢の用を全廃したもの
  • 6級6号:1上肢の3大関節中の2関節の用を廃したもの
  • 8級6号:1上肢の3大関節中の1関節の用を廃したもの
  • 10級10号:1上肢の3大関節中の1関節の機能に著しい障害を残すもの
  • 12級6号:1上肢の3大関節中の1関節の機能に障害を残すもの
  • 変形障害
  • 7級9号:1上肢に偽関節を残し、著しい運動障害を残すもの
  • 8級8号:1上肢に偽関節を残すもの
  • 12級8号:長官骨に変形を残すもの
  • 局部神経障害
  • 12級13号:局部に頑固な神経症状を残すもの
  • 14級9号:局部に神経症状を残すもの

2,手指

  • □具体的な症状
  • 手指の欠損や変形、可動域制限や痛みなどの症状が残存する場合があります。
  • □認定可能性のある等級
  • 手指
  • 欠損障害
  • 3級5号:両手の手指の全部を失ったもの
  • 6級8号:1手の5の手指又は母指を含み4の手指を失ったもの
  • 7級6号:1手の母指を含み3の手指又は母指以外の4の手指を失ったもの
  • 8級3号:1手の母指を含み2の手指又は母指以外の3の手指を失ったもの
  • 9級12号:1手の母指又は母指以外の2の手指を失ったもの
  • 11級8号:1手の示指、中指又は環指を失ったもの
  • 12級9号:1手の小指を失ったもの
  • 13級7号:1手の母指の指骨の一部を失ったもの
  • 14級6号:1手の母指以外の手指の指骨の一部を失ったもの
  • 機能障害
  • 4級6号:両手の手指の全部の用を廃したもの
  • 7級7号:1手の5の手指又は母指を含み4の手指の用を廃したもの
  • 8級4号:1手の母指を含み3の手指又は母指以外の4の手指の用を廃したもの
  • 9級13号:1手の母指を含み2の手指又は母指以外の3の手指を廃したもの
  • 10級7号:1手の母指又は母指以外の2の手指の用を廃したもの
  • 12級10号:1手の示指、中指又は環指の用を廃したもの
  • 13級6号:1手の小指の用を廃したもの
  • 14級7号:1手の母指以外の手指の遠位指節間関節を屈伸することができなくなったもの
  • 局部神経障害
  • 12級13号:局部に頑固な神経症状を残すもの
  • 14級9号:局部に神経症状を残すもの
認定事例
当初捻挫のみの診断であったもののTFCC損傷が判明し認定を受けることが出来た事案
傷病名: TFCC損傷
認定等級: 14級、12級(異議申立)
  • 平成21年9月、平成22年2月
  • 近畿地方

20代男性

相談時には近くの整形外科に通院されていたものの、単なる手首の捻挫と診断されており、痛みの酷さから心配になり相談された。

症状を確認したところ、TFCC損傷の症状と共通する症状があったため、手首の専門外来を案内し、受診を進めた。その結果TFCC損傷が確認され、当方にて正式受任となる。

症状固定に際しては画像所見も医師に確認されていたことから、問題なく認定されると思われたが、画像に鮮明に写っていないことを理由に他覚的所見のない神経症状として14級の認定に留まった。

そこで、更に検査を進めたところ、鮮明な画像所見を得ることが出来、異議申立の結果12級への等級変更となった。

その後ご自身で紛争処理センターを利用しての示談交渉をされ、無事示談となった。

記入責任者:藤井秀幸

神経症状で14級9号が認定、他覚所見が乏しく、神経症状だけが認定された事例
傷病名: 右橈骨遠位端骨折・右舟状骨骨折
認定等級: 14級9号
  • 平成22年2月15日
  • 関東地方

30代男性

右橈骨遠位端骨折・右舟状骨骨折。受傷から11ヶ月経過時点で受任。骨折による痛みが残存していた。主治医は後遺障害認定に関して否定的で、また診断書・レセプトに記載された内容も残存症状の評価はほとんどなかった。初回申請で神経症状による14級は認定されたものの、納得する内容で無かったので異議申立を行うことになった。異議申立の為に改めて取り付けた医証も内容に乏しく、異議申立を行うも結果は前回同様であった。主治医の評価が認定結果に大きく響いた事例。

記入責任者:藤井秀幸

左月状骨舟状骨間靭帯損傷で別表2の12級6号が認定、当初の主治医が後遺傷害は無いと診断されていた事例
傷病名: 左月状骨舟状骨間靭帯損傷
認定等級: 12級6号
  • 平成22年10月
  • 近畿地方

30代男性

左月状骨舟状骨間靭帯損傷。受傷から7ヶ月経過時点で受任。事故から2ヶ月後に左手首の骨折が発見、その後も痛みが続くが主治医は後遺症は無いと言う所見であった。手の専門医を紹介し受診、一通りの検査を受ける。検査の結果、医証と共に申請したところ12級の認定を受けることができた。

記入責任者:藤井秀幸

中手指節関節の可動域が可動域角度の1/2以下に制限されていることから判断
傷病名: 外傷後左第4指指拘縮 左第4指末節骨骨折
認定等級: 12級10号
  • 平成25年3月
  • 関東地方

50代男性

手術によって改善の可能性があると言われていたが、本人の希望で手術を受けることなく申請。

医師が協力的であったため、後遺障害診断書の記載内容についても病院担当者と電話で細かく打ち合わせをし、依頼することができたことなどにより認定の可能性が高まったものと思われる。

記入責任者今西聖朗

※交通事故による受傷内容及び残存症状の内、特に相談の多いものを例示しています。
全ての傷病名・後遺障害について提示しているわけではございませんので、
個別の事案については無料相談をご利用ください。

「交通事故の後遺障害認定を一緒に考えるサイト」は行政書士法人交通事故・後遺障害
サポートセンター交通事故後遺障害サポートネットワーク が運営しております。
後遺障害のことなら我々にご相談ください。

交通事故・後遺障害相談サイトへ
後遺障害を部位で調べる