首からくる症例を交通事故の後遺障害を一緒に考えるサイトに掲載しております

交通事故の後遺障害を一緒に考える会

交通事故によって後遺症が残る場合は後遺障害認定を受ける必要があります。
私たちは後遺障害で困ったことや疑問を解決するための情報サイトを運営しています。

トップページ >症例インデックス >頭の症状でお悩みの方

きちんとした検査を受けるようにしましょう

首の症状でお悩みの方 上記の症状だった場合、認定される等級とは?

■頚椎捻挫・むち打ち損傷・頚椎骨折・頸髄損傷

1,頚椎捻挫・むち打ち損傷

  • □具体的な症状
  • 頚椎捻挫・むち打ち症の症状は、頚部周辺のコリや痛みのほか、上肢のしびれ、めまい、吐気、倦怠感、頭痛、視力障害など様々なものがあります。
  • □認定可能性のある等級
  • 別表第2
  • 12級13号:局部に頑固な神経症状を残すもの
  • 14級9号:局部に神経症状を残すもの

2,頚椎骨折

  • □具体的な症状
  • 頚椎骨折に伴う脊柱の変形や身体を支えることが出来なくなった場合に後遺障害として認定されます。
  • □認定可能性のある等級
  • 別表第2
  • 変形障害
  • 6級5号:脊柱に著しい変形を残すもの
  • 8級2号:脊柱に中程度の変形を残すもの
  • 11級7号:脊柱に変形を残すもの
  • 運動障害
  • 6級5号:脊柱に著しい運動障害を残すもの
  • 8級2号:脊柱に運動障害を残すもの
  • 12級13号:局部に頑固な神経症状を残すもの
  • 14級9号:局部に神経症状を残すもの

3,頸髄損傷

  • □具体的な症状
  • 頸椎の脱臼・骨折等により、頸髄を損傷して手足を動かしたり、痛みや温度等を感じたりすることができなくなってしまう後遺障害です。脊髄損傷で首の部分の脊髄の損傷を頸髄損傷と称します。
  • □認定可能性のある等級
  • 別表第1
  • 1級1号:神経系統の機能又は精神に著しい障害を残し、常に介護を要するもの
  • 2級1号:神経系統の機能又は精神に著しい障害を残し、随時介護を要するもの
  • 別表第2
  • 3級3号:神経系統の機能又は精神に著しい障害を残し、終身労務に服することができないもの
  • 5級2号:神経系統の機能又は精神に著しい障害を残し、特に軽易な労務以外の労務に服することができないもの
  • 7級4号:神経系統の機能又は精神に障害を残し、軽易な労務以外の労務に服することができないもの
  • 9級10号:神経系統の機能又は精神に障害を残し、服することができる労務が相当な程度に制限されるもの
  • 12級13号:局部に頑固な神経症状を残すもの
  • 14級9号:局部に神経症状を残すもの

上記症状の他にも脳損傷に起因する残存症状についてそれぞれ、後遺障害として評価される症状もあります。

認定事例
傷は顔と頭の境目にあるが、禿頭であり目立つ。傷は瘢痕外貌に相当程度の醜状を残すものとして第9号16号認定
傷病名: 頚部損傷・頭部広範囲外傷
認定等級: 第9級16号
  • 平成25年4月
  • 近畿地方

50代男性

傷は額と頭の境目にある瘢痕、男性は髪が後退しており傷が完全に露出し目立つ状態。しかし第712号の定義は、頭部にあっては手のひら大以上、顔面部にあっては鶏卵大以上の瘢痕、第916の定義は、顔面部の5cm以上の線状痕、第1214号の定義は、頭部にあっては鶏卵大面以上の瘢痕、顔面部にあっては10円銅貨以上の瘢痕又は長さ3センチメートル以上の線状痕とある。

それゆえ損傷部位が実質的に顔面部であると判断されるように医証や申請書類を入念に準備の上申請。その結果外貌に相当程度の醜状を残すものとして第916号が認定された。

記入責任者:松村三惠子

鎖骨変形・頚椎/腰椎の神経症状で併合12級が認定
傷病名: 鎖骨骨折・頚椎捻挫・右腰打撲
認定等級: 併合12級(12級5号+14級9号+14級9号)
  • 平成23年6月
  • 近畿地方
30代男性
鎖骨の骨折による変形と頚椎捻挫・腰椎捻挫。受傷から11ヶ月の症状固定前に受任。当初から鎖骨変形は認定される可能性があったが、頚椎捻挫・腰椎捻挫に関しては未定、また主治医が後遺障害について全く経験・情報が無かったことが本人の不安であった。病院同行の際、主治医と綿密な打合せを行い、結果、理想に近い後遺障害診断書が完成した。
医証と共に申請し、全ての症状が認められ併合12級の認定を受けることができた。
後の損害賠償額も視野に入れ、逸失利益が認められにくい鎖骨変形と逸失利益が認められる頚椎/腰椎の神経症状がうまく認められた事例。
記入責任者:藤井秀幸
腰椎捻挫で14級9号が認定、症状が薄く異議申立によってようやく認定された事例
傷病名: 外傷性頚部症候群・腰椎捻挫
認定等級: 14級9号(腰椎捻挫)
  • 平成23年11月
  • 中部地方
40代女性
●●整形外科様より紹介の案件で、受傷から8ヶ月経過時点で受任(弁護士特約使用)。
相談時のヒアリングで症状が比較的薄く、また発症時期も受傷から1週間後だった為に、難しい事案と認識していた。主治医は当事務所を高く評価していただいており、後遺障害診断書作成にも協力的であったが、結果は非該当。心配点であった診断書の「◯割症状軽減」の記載が要因ではと推測される。
異議申立の為に主治医から意見書を取り付け、申請をした結果、異議申立で14級が認定された。
記入責任者:藤井秀幸 
外傷性頸部症候群・腰椎捻挫で各々14級9号が認定、症状は顕著であったが、異議申立でやっと認定された事例
傷病名: 外傷性頸部症候群・腰椎捻挫
認定等級: 併合14級(14級9号+14級9号)
  • 平成23年2月
  • 中部地方
30代男性
先に依頼されていた●●様のご紹介で、受傷から7ヶ月経過時点で受任(弁護士特約使用)。ちなみに▲▲様は●●様の車に同乗されていた。
先に後遺障害が認定されていた●●様と比較しても症状が酷く・治療期間も長かったために認定は問題無いとの認識を持っていた。しかしながら申請の結果、予想に反して結果は非該当であった。先に認定されていた●●様と比較した場合、非該当の理由に納得が行かなかったので、■■の調査事務所に▲▲様と同行し、担当者に直接、非該当理由を聞く。その後、新たなる医証も付けず異議申立を行ったところ、すんなりと併合14級が認定された。今回のように比較する対象者が存在する場合、調査事務所の見解も断定的ではないと感じた案件であった。
記入責任者:藤井秀幸

前医が後遺症残存を否定・後遺障害等級申請に非協力であったため、ご本人の希望により●●整形外科に転院し、併合第12級が認定された。
傷病名: 右膝骨挫傷・右膝内障・頸椎捻挫
認定等級: 併合第12級認定(第12級7号+第14級9号)
  • 平成24年6月
  • 近畿地方

30代女性。

前医が後遺症残存に否定的・後遺障害等級申請に非協力的であり、後遺障害診断書記載依頼するが神経症状テストは一切されず、症状の推移の記載も無かった。ご本人の希望により●●整形外科に後遺障害診断書記載のみ依頼した。右膝関節の機能障害は右膝半月板切除によるものであり健側の可動域角度3/4以下に制限されていることから第127号、頸椎捻挫の残存症状については第149号が認められた。右膝関節の機能障害は20年程前の事故によるものであり、後遺障害診断書既存障害欄に「右膝半月板切除後」との記載があった。料率機構による既存障害についての医療紹介の結果「平成3年の詳細がわかる資料がないため記入できません」との回答があり、既存障害として評価されなかったため、今回の事故によるものと判断された。現存する障害を全て後遺障害診断書に記載されたことにより思いもかけない後遺障害等級が認定された事例。

記入責任者:松村三惠子

頚椎捻挫に関し14級9号、腰椎捻挫に関しても14級9号、結果併合14級
傷病名: 腰椎捻挫 頚椎捻挫
認定等級: 併合第14級(14級9号と14級9合)
  • 平成24年12月
  • 関東地方

40代男性

画像所見は頚椎ストレートネック、腰椎椎間板膨隆。医師は後遺障害は否定的であったが

当方で用意した意見書や医証等で残存症状を証明できる申請書類を丁寧に用意していった結果、無事認定を受けることができた。
記入責任者:今西聖朗
非該当結果に対し異議申立。頚椎捻挫、腰椎捻挫共に14級9号、結果併合14級の認定となった。
傷病名: 頚椎捻挫 腰椎捻挫
認定等級: 併合14級
  • 平成24年10月
  • 関東地方

40代男性

受任前の事前認定では後遺症害診断書のみで申請を行ったが、非該当。受任後、後遺症害診断書を確認したが特に問題は無かった。異議申立にて症状の推移、神経学的所見、画像所見を丁寧に立証したところ、無事認定を受けられる結果となった。

記入責任者:今西聖朗

非該当結果に対し異議申立、14級9号の認定
傷病名: 頚椎捻挫
認定等級: 14級9号
  • 平成25年1月 
  • 関東地方

20代女性

事前認定での後遺症害診断書の内容としては神経学的所見無し、画像所見は特に記載されていなかったが症状の推移及び頚部神経症状を依頼したところ、ジャクソン、スパーリング共に(+)画像所見は頚椎椎間板狭小化(XP)、膨隆(MRI)の所見が得られた。これらを異議申立書にて丁寧に主張したところ無事認定を受けることができた。

記入責任者:今西聖朗

症状の裏付けとなる客観的な医学的所見に乏しいながら「局部に神経症状を残すもの」として判断された事例
傷病名: 外傷性頚部症候群・末梢神経障害
認定等級: 14級9号
  • 平成24年11月
  • 関東地方

30代男性

受任時にすでに後遺障害診断書が出来上がっていたが、記載内容に不足が多々見受けられたため、意見書を追加で取り付け、補強をして申請をしたところ無事認定を受けることができた。
記入責任者今西聖朗
頚部捻挫で別表2の14級9号が認定、異時共同不法行為で主治医が後遺障害申請に非協力であった事例
傷病名: 頚部捻挫
認定等級: 14級9号
  • 平成24年9月
  • 関東地方
30代男性
肋骨骨折、頚椎捻挫。1度目の事故から5ヶ月後2度目の事故に遭い異時共同不法行為となる。2度目の事故から半年経過時点で受任。加害者は不定愁訴が酷く、任意保険会社からの治療費打切りに不安を抱えていた。また主治医は後遺障害申請に非協力的で、当初の後遺障害診断書の内容は乏しかったが、追記、訂正を願い、医証と共に申請したところ14級の認定を受けることができた。
記入責任者:藤井秀幸
異議申立により頚椎捻挫・腰椎捻挫で14級9号が認定。
傷病名: 頚椎捻挫・腰椎捻挫
認定等級: 併合14級(14級9号+14級9号)
  • 平成24年10月24日
  • 近畿地方

40代男性

同乗者の奥様は、1回目の事故(自賠責保険:●●)後、2回目の事故(自賠責保険:▲▲)に遭われ、異時共同不法行為で申請、併合14級の認定を受けたが、症状が重い本人は初回申請時非該当だった。

異議申立ての際、再度作成依頼した後遺障害診断書等とともに、奥様の認定結果を添付し、併合14級が認定された。

記入責任者:松村三恵子

頸椎捻挫による「局部に神経症状を残すもの」として14級9号認定。主治医に不満を持ち転院先を求め弊事務所に依頼、受任後再度受傷。受任後も転院を繰り返し、●●整形外科にて後遺障害診断書を記載してもらい14級9号を認定される。
傷病名: 頸椎捻挫・腰椎捻挫・頚部痛・両側上肢痺れ
認定等級: 弟14級9号
  • 平成23年11月
  • 近畿地方
30代女性
重度の頸椎捻挫。搬送先の病院から転院し通院を続けているが、両病院の主治医に後遺障害を否定され、主治医に不満を持っていた。以前別のクライアントが後遺障害診断書を記載してもらった協力的な整形外科医院を紹介するが、その医院の医師にも協力を得られなかった。精神的に追い詰められている様子。
▲▲県▲▲市から●●市の●●整形外科に月1回通院、週に数回自宅近くの接骨院に通院する。脳脊髄液減少症も疑われ、■■病院にも通院するが確定はされなかった。
●●整形外科に通院するうちに精神的に安定する。主治医の協力のもと、後遺障害診断書を完成し後遺障害等級申請、第14級9号を認定された。
後遺障害等級認定後、✖✖整体治療を紹介し、心身ともに良好の様子。
記入責任者:松村三惠子
頚椎捻挫で別表1の14級9号が認定、同乗して受傷したお嬢様と共に依頼された事例
傷病名: 頚椎捻挫
認定等級: 14級9号
  • 平成23年10月
  • 近畿地方
50代女性
頚椎捻挫。受傷から8ヶ月経過時点で受任。娘さんと同乗していた際に受傷。
症状固定を前に後遺症の不安を抱えていた、仕事に大きく影響がある模様で、後遺障害等級認定は必須との願いであった。必要な検査を受け、医証と共に申請したところ14級の認定を受けることができた。後にお嬢様も14級が認定される。
記入責任者:藤井秀幸
頚椎捻挫で別表1の14級9号が認定、同乗して受傷した母親と共に依頼された事例
傷病名: 頚椎捻挫
認定等級: 14級9号
  • 平成23年10月
  • 近畿地方
30代女性
頚椎捻挫。受傷から8ヶ月経過時点で受任。母と車に同乗していた際に受傷。
先に依頼されたお母様と打合せしサポートを進める。必要な検査を受け、医証と共に申請したところ14級の認定を受けることができた。母と共に14級が認定される。
記入責任者:藤井秀幸
頚椎捻挫・腰椎捻挫で14級9号が認定、●●保険会社の弁護士特約を使用した事例
傷病名: 頚椎捻挫・腰椎捻挫
認定等級: 併合14級(14級9号+14級9号)
  • 平成22年12月
  • 中部地方
30代男性
頚椎捻挫・腰椎捻挫。受傷から6ヶ月経過の時点で受任。相談のきっかけは治療費打切りによるもの。クライアントと病院同行の上、後遺障害診断書を作成してもらい医証と共に申請したところ頚椎捻挫・腰椎捻挫共に認められ併合14級となった。神経心理学検査では異常は認められなかったが、医証により症状の推移を示したことが認定の決め手となったと考えられる。
記入責任者:藤井秀幸
頚椎捻挫で14級9号が認定、主治医が異議申立を進め、異議申立をしたが認められなかった事例
傷病名: 頚椎捻挫
認定等級: 14級9号
  • 平成22年11月
  • 近畿地方
40代男性
頚椎捻挫。受傷から9ヶ月経過時点で受任。頚椎捻挫による痛み、頭痛を訴えており、主治医の協力の下、申請を行う。結果、神経症状による14級9号が認定された。この結果にクライアントは納得していたが、主治医が異議を唱える。主治医主導により異議申立を行うも認定結果は覆らなかった。
記入責任者:藤井秀幸
頚椎捻挫で14級9号が認定、症状が薄く、神経心理学検査等にも全く異常が認められなかったが認定された事例
傷病名: 頚椎捻挫・腰部挫傷
認定等級: 14級9号
  • 平成22年4月
  • 関東地方
50代女性
頚椎捻挫・腰部挫傷。受傷から10ヶ月経過時点で受任。赤信号停車中に追突され、助手席に同乗していた奥様とともに受傷する。後遺障害等級申請を進めるも、症状は薄く、また画像検査による他覚所見、神経学的検査等にも全く異常が認められなかったことから厳しい結果も考えられた。しかし申請の結果は頚椎捻挫の神経症状が認められ14級9号が認定された。この結果、依頼されたご夫婦ともに認定されたことになる。補足書類や医証が生きたものと考えられる事例。
記入責任者:藤井秀幸

※交通事故による受傷内容及び残存症状の内、特に相談の多いものを例示しています。
全ての傷病名・後遺障害について提示しているわけではございませんので、
個別の事案については無料相談をご利用ください。

「交通事故の後遺障害認定を一緒に考えるサイト」は行政書士法人交通事故・後遺障害
サポートセンター交通事故後遺障害サポートネットワーク が運営しております。
後遺障害のことなら我々にご相談ください。

交通事故・後遺障害相談サイトへ
後遺障害を部位で調べる