腰回りの症例をご紹介しております

交通事故の後遺障害を一緒に考える会

交通事故によって後遺症が残る場合は後遺障害認定を受ける必要があります。
私たちは後遺障害で困ったことや疑問を解決するための情報サイトを運営しています。

トップページ >症例インデックス >頭の症状でお悩みの方

事故で腰回りでお悩みの方に役立てて頂けたらと思います

胸腰部の症状でお悩みの方 上記の症状だった場合、認定される等級とは?

■腰椎捻挫・腰部挫傷・胸腰椎骨折・脊髄損傷

1,腰椎捻挫・腰部挫傷

  • □具体的な症状
  • 腰椎に無理な力が加わって椎間関節に捻挫を起こすことにより、腰痛や下肢の痛みやしびれ等が生じます。
  • □認定可能性のある等級
  • 別表第2
  • 12級13号:局部に頑固な神経症状を残すもの
  • 14級9号:局部に神経症状を残すもの

2,胸腰椎骨折

  • □具体的な症状
  • 交通事故では胸腰椎部に大きな外力が加わって胸椎・腰椎を骨折してしまい、痛みや可動域制限または脊柱に変形が残るなどの症状が後遺します。
  • □認定可能性のある等級
  • 別表第2
  • 変形障害
  • 6級5号:脊柱に著しい変形を残すもの
  • 8級2号:脊柱に中程度の変形を残すもの
  • 11級7号:脊柱に変形を残すもの
  • 運動障害
  • 6級5号:脊柱に著しい運動障害を残すもの
  • 8級2号:脊柱に運動障害を残すもの
  • 神経系統の障害
  • 12級13号:局部に頑固な神経症状を残すもの
  • 14級9号:局部に神経症状を残すもの

3,脊髄損傷

  • □具体的な症状
  • 脊髄の損傷の度合いにより、神経伝達機能が完全に絶たれたり一部機能が残存するものを指します。
    損傷部位以下は上位中枢からの支配を失い、脳からの運動命令は届かず運動機能が失われます。また、上位中枢へ感覚情報を送ることもできなくなるため、感覚知覚機能も失われます。
    つまり「動かない、感じない」という状態に陥ることになります。しかし全く何も感じないわけではなく、受傷部位には疼痛が残ることが多い。
    また、実際には足が伸びているのに曲がっているように感じられるとか、本来感じないはずの痛みを感じることもある。慢性期には動かせないはずの筋肉が本人の意思とは関係なく突然強張ったり、痙攣を起こすことがあります。
    感覚、運動だけではなく自律神経系も同時に損なわれ、汗をかく、鳥肌を立てる、血管を収縮/拡張させるといった自律神経系の調節も機能しなくなるので体温調節が困難となります。
  • □認定可能性のある等級
  • 別表第1
  • 1級1号:神経系統の機能又は精神に著しい障害を残し、常に介護を要するもの
  • 2級1号:神経系統の機能又は精神に著しい障害を残し、随時介護を要するもの
  • 別表第2
  • 3級3号:神経系統の機能又は精神に著しい障害を残し、終身労務に服することができないもの
  • 5級2号:神経系統の機能又は精神に著しい障害を残し、特に軽易な労務以外の労務に服することができないもの
  • 7級4号:神経系統の機能又は精神に障害を残し、軽易な労務以外の労務に服することができないもの
  • 9級10号:神経系統の機能又は精神に障害を残し、服することができる労務が相当な程度に制限されるもの
  • 12級13号:局部に頑固な神経症状を残すもの
  • 14級9号:局部に神経症状を残すもの
認定事例
鎖骨変形・頚椎/腰椎の神経症状で併合12級が認定
傷病名: 鎖骨骨折・頚椎捻挫・右腰打撲
認定等級: 併合12級(12級5号+14級9号+14級9号)
  • 平成23年6月
  • 近畿地方
30代男性
鎖骨の骨折による変形と頚椎捻挫・腰椎捻挫。受傷から11ヶ月の症状固定前に受任。当初から鎖骨変形は認定される可能性があったが、頚椎捻挫・腰椎捻挫に関しては未定、また主治医が後遺障害について全く経験・情報が無かったことが本人の不安であった。病院同行の際、主治医と綿密な打合せを行い、結果、理想に近い後遺障害診断書が完成した。
医証と共に申請し、全ての症状が認められ併合12級の認定を受けることができた。
後の損害賠償額も視野に入れ、逸失利益が認められにくい鎖骨変形と逸失利益が認められる頚椎/腰椎の神経症状がうまく認められた事例。
記入責任者:藤井秀幸
左三叉神経障害で12級13号、腰部神経障害で14級9号が認定、顔面麻痺による神経症状が認められた事例
傷病名: 左三叉神経障害・腰椎捻挫
認定等級: 併合12級(12級13号+14級9号)
  • 平成22年7月
  • 関東地方

30代男性

左顔面骨折、腰椎捻挫。受傷から7ヶ月経過時点で受任。顔面骨折による三叉神経障害と

腰椎捻挫による痺れが主たる症状であった。後遺障害申請に伴い、三叉神経障害を丁寧に立証した結果、「局部の頑固な神経症状」が認められ1213号が認められ腰椎捻挫による神経障害と合わせて併合12級が認定された。

記入責任者:藤井秀幸

外傷性恥骨結合離開に伴う右股関節、並びに左股関節の機能障害について、それぞれその可動域が参考可動域角度の3/4以下に制限されていることより、それぞれ12級7号の該当となり、左右併せて、併合11級が認定。
傷病名: 外傷性恥骨結合離開
認定等級: 併合11級(12級7号+12級7号)
  • 平成24年10月
  • 九州地方
50代男性
平成21年9月発生の事故で、労災にて12級7号の認定が出ている状態で受任。
後遺障害等級申請に際し、主治医にアンケート方式の意見書記載を依頼。当職にて追加で必要な情報を得るため意見書を作成し、主治医に記載して頂いた。その結果それぞれの部位の可動域が3/4以下に制限されていることより、それぞれ12級7号の該当となり、併合11級が認定された。主治医の協力を得たことにより、労災で認定された後遺障害等級認定より自賠責の後遺障害等級が上がった事例。
記入責任者:松村三惠子
外傷性頚部症候群・腰部症候群で併合14級が認定。申請を考慮した上、転院先を紹介した事例
傷病名: 外傷性頚部腰部症候群
認定等級: 併合14級(14級9号+14級9号)
  • 平成24年7月
  • 中部地方
30代男性
外傷性頚部/腰部症候群。受傷から半年経過時点で受任。当初のヒアリングで後遺障害等級申請を考えた場合、現在の通院先は自賠責申請に非協力的であり認定に不利と判断したため、また依頼者も望んだことから弊事務所紹介による転院を行う。その後、転院先で約1年通院し症状固定。後遺障害等級申請の結果、併合14級の認定を受けることができた。
記入責任者:藤井秀幸
腰椎捻挫で12級13号が認定、初回申請、異議申立を得て12級が認められた事例
傷病名: 腰椎捻挫
認定等級: 12級13号
  • 平成24年2月
  • 関東地方
40代男性
腰椎捻挫。受傷から10ヶ月経過時点で受任。主治医が協力的でないことを把握していたので出来る限りのサポートを行い、後遺障害等級申請、腰椎捻挫で14級が認定された。後遺障害等級認定表の内容から異議申立の余地があると判断し、針筋電図検査を実施、その他医証も取り揃え異議申立を行う。異議申立の結果12級の認定を受けることができた。本人の熱意と弊事務所の経験がいかされた案件だと感じる。
記入責任者:藤井秀幸
腰椎捻挫で14級9号が認定、症状が薄く異議申立によってようやく認定された事例
傷病名: 外傷性頚部症候群・腰椎捻挫
認定等級: 14級9号(腰椎捻挫)
  • 平成23年11月
  • 中部地方
40代女性
●●整形外科様より紹介の案件で、受傷から8ヶ月経過時点で受任(弁護士特約使用)。
相談時のヒアリングで症状が比較的薄く、また発症時期も受傷から1週間後だった為に、難しい事案と認識していた。主治医は当事務所を高く評価していただいており、後遺障害診断書作成にも協力的であったが、結果は非該当。心配点であった診断書の「◯割症状軽減」の記載が要因ではと推測される。
異議申立の為に主治医から意見書を取り付け、申請をした結果、異議申立で14級が認定された。
記入責任者:藤井秀幸 
神経症状で14級が認定、症状に対して過大な傷病名がついた事例
傷病名: 腰椎椎間板損傷・仙腸関節捻挫・左下肢不全麻痺
認定等級: 14級9号
  • 平成23年10月
  • 中部地方
30代男性
相談日から4日後には海外へ長期渡航するとの事だったので、翌日面談の上その場で受任・病院同行の運びとなった。主治医に傷病名についての見解を聞くものの、画像所見は無くその裏付けは乏しいと感じた。主治医に出来る限りの説明を行った上、後遺障害診断書を作成してもらう。その後のやり取りは本人不在のためクライアントの母と行った。
後遺障害等級認定は神経症状による14級9号の結果。帰国した際本人に説明を行ったところ認定内容に納得して頂けた。
記入責任者:藤井秀幸
外傷性頸部症候群・腰椎捻挫で各々14級9号が認定、症状は顕著であったが、異議申立でやっと認定された事例
傷病名: 外傷性頸部症候群・腰椎捻挫
認定等級: 併合14級(14級9号+14級9号)
  • 平成23年2月
  • 中部地方
30代男性
先に依頼されていた●●様のご紹介で、受傷から7ヶ月経過時点で受任(弁護士特約使用)。ちなみに▲▲様は●●様の車に同乗されていた。
先に後遺障害が認定されていた●●様と比較しても症状が酷く・治療期間も長かったために認定は問題無いとの認識を持っていた。しかしながら申請の結果、予想に反して結果は非該当であった。先に認定されていた●●様と比較した場合、非該当の理由に納得が行かなかったので、■■の調査事務所に▲▲様と同行し、担当者に直接、非該当理由を聞く。その後、新たなる医証も付けず異議申立を行ったところ、すんなりと併合14級が認定された。今回のように比較する対象者が存在する場合、調査事務所の見解も断定的ではないと感じた案件であった。
記入責任者:藤井秀幸

腰椎椎弓切除術後による背骨の変形で11級7号が認定された事例
傷病名: 腰部脊柱管狭窄症・腰椎椎間板ヘルニア、腰椎椎弓切除術後
認定等級: 併合11級(11級7号+14級9号)
  • 平成22年2月
  • 近畿地方

40代男性

腰部脊柱管狭窄症・腰椎椎間板ヘルニア、腰椎椎弓切除術後。受傷から28ヶ月経過時点で受任。申請の結果、腰椎椎弓切除術後による背骨の変形で117号が認定、また腰部の神経症状も認められ149号が認定、合わせて併合11級となった。

記入責任者:藤井秀幸

頚椎捻挫に関し14級9号、腰椎捻挫に関しても14級9号、結果併合14級
傷病名: 腰椎捻挫 頚椎捻挫
認定等級: 併合第14級(14級9号と14級9合)
  • 平成24年12月
  • 関東地方

40代男性

画像所見は頚椎ストレートネック、腰椎椎間板膨隆。医師は後遺障害は否定的であったが

当方で用意した意見書や医証等で残存症状を証明できる申請書類を丁寧に用意していった結果、無事認定を受けることができた。
記入責任者:今西聖朗
非該当結果に対し異議申立。頚椎捻挫、腰椎捻挫共に14級9号、結果併合14級の認定となった。
傷病名: 頚椎捻挫 腰椎捻挫
認定等級: 併合14級
  • 平成24年10月
  • 関東地方

40代男性

受任前の事前認定では後遺症害診断書のみで申請を行ったが、非該当。受任後、後遺症害診断書を確認したが特に問題は無かった。異議申立にて症状の推移、神経学的所見、画像所見を丁寧に立証したところ、無事認定を受けられる結果となった。

記入責任者:今西聖朗

症状の裏付けとなる客観的な医学的所見に乏しいながら「局部に神経症状を残すもの」として判断された事例
傷病名: 外傷性頚部症候群・末梢神経障害
認定等級: 14級9号
  • 平成24年11月
  • 関東地方

30代男性

受任時にすでに後遺障害診断書が出来上がっていたが、記載内容に不足が多々見受けられたため、意見書を追加で取り付け、補強をして申請をしたところ無事認定を受けることができた。
記入責任者今西聖朗
異議申立により頚椎捻挫・腰椎捻挫で14級9号が認定。
傷病名: 頚椎捻挫・腰椎捻挫
認定等級: 併合14級(14級9号+14級9号)
  • 平成24年10月24日
  • 近畿地方

40代男性

同乗者の奥様は、1回目の事故(自賠責保険:●●)後、2回目の事故(自賠責保険:▲▲)に遭われ、異時共同不法行為で申請、併合14級の認定を受けたが、症状が重い本人は初回申請時非該当だった。

異議申立ての際、再度作成依頼した後遺障害診断書等とともに、奥様の認定結果を添付し、併合14級が認定された。

記入責任者:松村三恵子

頸椎捻挫による「局部に神経症状を残すもの」として14級9号認定。主治医に不満を持ち転院先を求め弊事務所に依頼、受任後再度受傷。受任後も転院を繰り返し、●●整形外科にて後遺障害診断書を記載してもらい14級9号を認定される。
傷病名: 頸椎捻挫・腰椎捻挫・頚部痛・両側上肢痺れ
認定等級: 弟14級9号
  • 平成23年11月
  • 近畿地方
30代女性
重度の頸椎捻挫。搬送先の病院から転院し通院を続けているが、両病院の主治医に後遺障害を否定され、主治医に不満を持っていた。以前別のクライアントが後遺障害診断書を記載してもらった協力的な整形外科医院を紹介するが、その医院の医師にも協力を得られなかった。精神的に追い詰められている様子。
▲▲県▲▲市から●●市の●●整形外科に月1回通院、週に数回自宅近くの接骨院に通院する。脳脊髄液減少症も疑われ、■■病院にも通院するが確定はされなかった。
●●整形外科に通院するうちに精神的に安定する。主治医の協力のもと、後遺障害診断書を完成し後遺障害等級申請、第14級9号を認定された。
後遺障害等級認定後、✖✖整体治療を紹介し、心身ともに良好の様子。
記入責任者:松村三惠子
頚椎捻挫・腰椎捻挫で14級9号が認定、●●保険会社の弁護士特約を使用した事例
傷病名: 頚椎捻挫・腰椎捻挫
認定等級: 併合14級(14級9号+14級9号)
  • 平成22年12月
  • 中部地方
30代男性
頚椎捻挫・腰椎捻挫。受傷から6ヶ月経過の時点で受任。相談のきっかけは治療費打切りによるもの。クライアントと病院同行の上、後遺障害診断書を作成してもらい医証と共に申請したところ頚椎捻挫・腰椎捻挫共に認められ併合14級となった。神経心理学検査では異常は認められなかったが、医証により症状の推移を示したことが認定の決め手となったと考えられる。
記入責任者:藤井秀幸
頚椎捻挫で14級9号が認定、症状が薄く、神経心理学検査等にも全く異常が認められなかったが認定された事例
傷病名: 頚椎捻挫・腰部挫傷
認定等級: 14級9号
  • 平成22年4月
  • 関東地方
50代女性
頚椎捻挫・腰部挫傷。受傷から10ヶ月経過時点で受任。赤信号停車中に追突され、助手席に同乗していた奥様とともに受傷する。後遺障害等級申請を進めるも、症状は薄く、また画像検査による他覚所見、神経学的検査等にも全く異常が認められなかったことから厳しい結果も考えられた。しかし申請の結果は頚椎捻挫の神経症状が認められ14級9号が認定された。この結果、依頼されたご夫婦ともに認定されたことになる。補足書類や医証が生きたものと考えられる事例。
記入責任者:藤井秀幸

※交通事故による受傷内容及び残存症状の内、特に相談の多いものを例示しています。
全ての傷病名・後遺障害について提示しているわけではございませんので、
個別の事案については無料相談をご利用ください。

「交通事故の後遺障害認定を一緒に考えるサイト」は行政書士法人交通事故・後遺障害
サポートセンター交通事故後遺障害サポートネットワーク が運営しております。
後遺障害のことなら我々にご相談ください。

交通事故・後遺障害相談サイトへ
後遺障害を部位で調べる