後遺障害やケガをした場合に請求できる項目についてご案内致します

交通事故の後遺障害を一緒に考える会

交通事故によって後遺症が残る場合は後遺障害認定を受ける必要があります。
私たちは後遺障害で困ったことや疑問を解決するための情報サイトを運営しています。

トップページ >自賠責保険から受け取れる保険金

請求漏れがないようにしっかり保険会社に問い合わせましょう

交通事故でケガをした場合(傷害部分)、
自賠責保険に請求できる損害項目をご説明します。

自賠責保険に請求できる項目はこの3点1:積極損害 2:消極損害 3:慰謝料

自賠責保険の上限額は120万円まで!

また、自賠責保険の保証額は傷害で120万円と、上限額が決まっております。
大きな事故であれば、治療費だけで120万円を超えてしまいますので、
残りの賠償金額は損保会社から補われます。

自賠責保険金額一覧

後遺障害等級第1級〜第3級の場合で、被扶養者が居る場合は慰謝料が増額されます。
下記以外に文書料(実費)が支払われます。
平成14年3月31日以前の事故は、保険会社に問い合わせてください。

種別 項目 支払い額(定額) 支払い限度額
傷害(ケガ) 治療費など 実費 120万円
看護料 看護婦・家政婦料 規定の料金
看護料 近親者の入院看護
(要・医師の証明書)

入院1日4,100円(4,000円)

通院1日2,050円(2,000円)

付添費

幼児、歩行困難者の通院に付き添った時
または医師の指示で自宅看護をした時

入院中の諸雑費 1日1,100円
通院・自宅療養中の諸雑費 実費

休業損害

傷害慰謝料

1日5,700(5,500)円〜19,000円

1日4,200(4,100)円(定額)

死亡 葬祭費 60〜100万円 3,000万円
死亡による逸失利益 (収入額-本人生活費)×ライプニッツ係数
死亡本人の慰謝料 350万円
遺族の慰謝料 1名:550万円、2名:650万円、3名:750万円
被扶養者がいる時は200万円加算
傷害による死亡までの損害 傷害と同じ
後遺障害
(介護を要しない)
後遺傷害による逸失利益 収入額×労働能力喪失率×ライプニッツ係数 3,000万円
後遺傷害による慰謝料 32〜1,100万円(等級別)
後遺障害
(介護を要する)
後遺傷害による逸失利益 収入×労働能力喪失率×ライプニッツ係数 4,000万円
後遺傷害による慰謝料

初期費用500万円

慰謝料1,000万円