保険を使用した場合の医療費を交通事故の後遺障害を一緒に考えるサイトが解説いたします

交通事故の後遺障害を一緒に考える会

交通事故によって後遺症が残る場合は後遺障害認定を受ける必要があります。
私たちは後遺障害で困ったことや疑問を解決するための情報サイトを運営しています。

トップページ >健康保険と自由診療の違い 有利なのはどっち

裁判の結果次第でわからない場合は健康保険にしておくと良いでしょう

交通事故で怪我をした場合、病院での支払いに自分の健康保険を使っていいものか?
自分は被害者なのに・・・と悩むところではないでしょうか。
健康保険で診療した場合と、自由診療で治療した場合の治療費を比較してみましょう。

日本の医療費は点数制

公的医療保険制度における診療は「診療報酬」とよばれ、
公定価格制度が適用されています。

医療(診療)行為は様々な傷病によって細分化され、
「医療報酬点数表」に基づき、価格が決められています。

健康保険の場合、治療費計算の基準となる医療点数の単価は1点10円と決まっています。
自由診療の場合は、病院ごとに単価を自由に決めてよいことになっています。
病院の平均した自由診療の平均単価は20円となっています。

保険診療と自由診療のメリット・デメリット 治療内容は同じでも請求額は2倍になることも!

事故の加害者に全額を請求できない場合

交通事故の加害者が全額負担してくれるときは良いのですが、
加害者側が任意保険に加入しておらず、
自賠責保険による最低限の補償しか得られない場合もあります。

交通事故発生の状況によって、被害者側にも否があり、
過失割合が、「10対0」ではない場合は被害者側が、
医療費総額の何割かを負担することになりますので、
費用が少なくおさえられる健康保険のほうがお薦めとなります。

被害者なのに自分の保険を使うのはおかしい!?

ご自身の健康保険を使うことに躊躇される方も多いのですが、
ご自身の過失が大きくなりそうな場合などは特に、
始めのうちから健康保険を適用しておくことが無難です。

100対0で最初からわかっていたら自由診療でも良いのですが、
裁判の結果次第でわからないのであれば、最初から健康保険にしておくことが無難となります。