勤務上や通勤途中の事故でも受けることのできる労災保険を交通事故の後遺障害を一緒に考えるサイトがご紹介致します

交通事故の後遺障害を一緒に考える会

交通事故によって後遺症が残る場合は後遺障害認定を受ける必要があります。
私たちは後遺障害で困ったことや疑問を解決するための情報サイトを運営しています。

トップページ >労災保険の活用法

補償は治療費だけではありません

労災適用になりますと過失割合が大きい場合や自損事故であっても自己負担0となります。
賠償金が出ない場合でも、入通院費や休業補償が受けられます。

労災の適用を受けるには

労災の適用を受けるには、労働基準監督署へ以下の書類添付が必要となります。

  • 第三者行為災害届
  • 療養給付たる療養の給付申請書
  • 交通事故証明書

休業補償は6割の休業補償と、2割の休業特別支給金の合わせて8割が支給されます。
残りの2割については保険会社に請求ができます。
もちろん、労災と保険会社双方から同じ項目で二重に受け取ることができるわけではありませんが、
労災を使うことで医療費を低く抑えることができることから、任意保険会社にとってはその分負担が軽減されます。

労災適用により、保険会社との交渉を有利にすすめることができる場合もありますので、有効に活用しましょう。

業務上・通勤途中の事故このように労災保険を活用できます療養(補償)給付、休業(補償)給付、障害(補償)給付

通勤途中、または業務上の事由によって交通事故に遭った場合、労災保険が適用されますが、
病院での治療費や入院費用以外にも、休業を余儀なくされた場合の賃金補償や、
何らかの後遺障害が残った場合は、認定等級によって一時金や年金が支払われるケースもあります。

社会に復帰するまでのあいだ、労働者本人を守るだけでなく、その家族の生活にも配慮し、
上記以外にも数種類の補償が受けられるようになっています。

こんなときはどうなるの?労災保険のQ&A

労災保険の適用を受けるのに必要なものはありますか?

第三者行為災害届と療養給付たる療養の給付申請書、交通事故証明書の添付が必要となります。
労災保険の指定外の病院で治療した場合は、その領収書も必要となります。

仕事を休まなくてはいけない場合、どのくらいの補償を受けられますか?

休業補償は6割の休業補償と、2割の休業特別支給金の合わせて8割が支給されます。

病院で保険証を提示してしまいましたが、後からの申請は可能ですか?

保険会社と労災保険は、片方しか使用できませんので、二重請求しないようにしてください。
病院では労災扱いの変更を受け付けてくれますが、時間が経つと手続きが煩雑になりますので、
変更したい場合は早めに申請してください。

労災の申請はどこへすればいいですか?

職場から教えられた労災保険の指定病院であれば、その病院で申請が可能ですが、
事故現場の近くなど、指定外の病院へ行った場合、申請先はその事業所を管轄する労働基準監督署になります。

労災の申請は家族でもできますか?

被害者本人以外にも、その家族(遺族)が労災申請をすることも可能です。