後遺障害を納得のいく認定にするには申請書類の十分な準備が必要です

交通事故の後遺障害を一緒に考える会

交通事故によって後遺症が残る場合は後遺障害認定を受ける必要があります。
私たちは後遺障害で困ったことや疑問を解決するための情報サイトを運営しています。

トップページ >後遺障害等級の診断書

後遺障害の認定は基本的に申請者本人を見ることはありません

後遺障害の認定は医師が書いた診断書・意見書、
その他提出書類を総合して判断されます。
基本的に書類のみでの審査となり直接本人を見ることはありません。

自賠責保険の後遺障害認定は非常にシビアです!

納得の行く後遺障害認定を受けるためには
医師にしっかりと残存症状を伝えるように心がけることも重要ですが、
自動車保険(自賠責保険)の後遺障害認定は非常にシビアで、
様々なポイントで認定の可否を判断します。

症状固定時だけではなく、受傷後から症状固定に至るまでの期間、
万が一、後遺障害が残った場合のことを常に想定し、適切に対応することが必要です。

事前認定、被害者請求いずれかの方法で後遺障害申請をして、
納得のいかない等級(または非該当)であった場合、異議申立をすることはできます。

しかし、残存症状や状況によっては初回申請の内容や、
治療期間中の対応が致命的な否定要素となり、
異議申立で覆すことが不可能であったり、困難になる場合も多々あります。

安易に後遺障害申請をするのではなく、入念な準備をした上で申請することが重要です。

専門家の無料相談も活用してみましょう

後遺障害の認定を確実に、かつ適正な等級で受けるためには
様々な準備が必要となる場合もあります。

そのような場合には後遺障害認定手続きの代理、
代行をする専門家(行政書士・弁護士)を頼ることもひとつの手段です。

無料で相談できる事務所が多いので、
交通事故に遭ったらなるべく早い時点で相談しておくことで、
安心して治療に専念出来ます。