異議申し立てをする際は事前に準備を整えておきましょう

交通事故の後遺障害を一緒に考える会

交通事故によって後遺症が残る場合は後遺障害認定を受ける必要があります。
私たちは後遺障害で困ったことや疑問を解決するための情報サイトを運営しています。

トップページ >納得のいかない後遺障害の認定結果となった場合

認定結果に納得が行かなかった際の申請方法です

後遺障害等級が低い、交通事故の後遺障害が残っているのに認定されなかった。
このような後遺障害認定に関して不満を持たれるケースは多々あります。

どちらの場合でも異議申し立てをすることができます

事前認定の場合も、被害者請求の場合も、
自賠責保険の認定結果に納得がいかない場合は「異議申立」の手続きをすることができます。
異議申立も事前認定、被害者請求いずれの方法でも申請が可能ですが、
少しでも認定の可能性を高めるために、できれば被害者請求の方法で異議申立をすることが望まれます。

保険会社が出した事前認定の認定結果に不満!

加害者側の任意保険会社に一括で任せた結果、
保険会社が行った事前認定の後遺障害等級が
自分の症状に適切だと思えない!

自分で自賠責保険に申請した被害者請求の認定結果に不満!

相手側の保険会社にまかせっきりにせず、自賠責保険の機関に自分で後遺障害の等級認定を申請したが、
思ったより低い等級で認定されてしまった。

異議申立は時効にかからない限り何度でもできますので、
とりあえずしてみようと、あまり準備をせずに異議申立をされる方もいらっしゃいます。

しかしながら、異議申立を重ねる度に調査事務所内でも
上位機関に送られることになりますので、徐々にハードルは上がってしまうこととなります。

単純に異議を唱えるだけではなく、前回の申請時にはなかった新たな医学的証拠をつけるなり、
調査機関を納得させるだけの根拠が必要になりまので、
異議申立は、一度で覆すことができるように、事前に入念な準備をした上で行うようにしましょう。

後遺障害等級の認定結果に異議申し立て、新しい医証を提出、再調査の結果に納得がいかない場合は再度の異議申し立てが可能

後遺障害保険金の請求には時効があります!

請求に際しては時効には日々注意しておく必要があります。
被害者での後遺障害の請求権は症状固定日の翌日から3年間で時効により消滅します。

異議申し立ての最終手段として

なお、異議申立をしても等級がどうしても変わらない場合、
「紛争処理機構」という自賠責保険と被害者との紛争斡旋をする機関に申し立てることもできます。

認定結果がおかしいと判断された場合

この機関で自賠責の判断がおかしいという結論になった場合は、
自賠責保険で再度審査がやり直され、その場合は結果が覆ることとなります。

認定結果が妥当と判断された場合

紛争処理機構で自賠責保険の判断が妥当と結論づけられた場合は、
その後に異議申立を更に行うことはできなくなります。

あくまで紛争処理機構への申し立ては異議申立でやりうることは
全てやり尽くした、という状況になった時点で行うべきものとお考えください。