>

事故後を有利にするために

適切な病院を選び医師との良好な関係を築きましょう

【安心できる病院で納得のいく治療を】 医師との良好な関係
交通事故に遭って、病院に搬送される場合、
本人が搬送先を選ぶことはできません。
交通事故で受傷した場合、多くの場合は、
その後の治療内容によっても予後は変わってくる場合があります。

また、最終的に後遺障害が残りそうな場合は後遺障害等級の認定を
受けるために主治医に適切な診断書や意見書を
書いていただかなくてはいけません。
たまたま搬送された病院の医師がそれらに対して
好意的で協力的であれば問題ないのですが、
残念ながら、そうではないことも多くあります。
適切な治療や診察を受けるためには、主治医との良好な関係を築くことが望ましいのですが、
明らかにそのような関係を築けそうではない医師もおられます。

そのような場合は、できる限り早い時期に転院をして、病院を変わられることをお勧めします。
あまり受傷日から時間が経ってからの転院の場合、
転院先の医師が交通事故のケガとして扱ってくれないなどのリスクも出て参ります。
転院をすることとなった場合は、必ず現在の主治医から紹介状を取り付けましょう。
紹介状がないと転院先の医師が交通事故からの状態の推移を把握できず、
後遺障害が残った際に診断してもらう時に不利になる可能性もあります。

なお、たとえそりが合わなかった主治医であっても、
後遺障害が残った時にはその医師の意見も後遺障害認定に反映される場合があります。
ゆえに転院の際はできるだけ穏便に転院するように注意しましょう。
また重度のケガや後遺障害で入院生活が長期になった場合は、一定期間が過ぎると、
病院側の都合で退院や転院を迫られるということがありますので、
それ相当の準備をしておく必要があります。


【主治医・担当医とコミュニケーションを密にして良好な関係を築こう】

適切な診断書のために主治医に伝えておくべきポイントとは 交通事故で受傷した場合は、ケガの内容によっては
どうしても後遺障害が残ってしまうことがあります。
その際には主治医に後遺障害診断書を
書いていただくこととなるのですが、
その記載内容によっても後遺障害認定の可能性は
大きく左右されることとなります。
主治医に適切な診断書を書いて頂くには、
最終的には患者側から、自賠責保険での認定に
必要なポイント等を伝えた上で書いて頂く
必要があるのですが、主治医との関係を
良好にしておくことで、よりよい診断書を書いて
頂ける可能性が高くなります。
また、後遺障害認定においては症状の推移も重要なポイントとなりますので、
受診の都度適切に状態を伝えておくことも重要です。
本人が大きなおけがをして、主治医とコミュニケーションが取れない場合は、
代わりにご家族が主治医との信頼関係を築いていく必要があります。


ご相談ください
受傷から解決までのながれ
後遺障害認定のしくみ
交通事故損害賠償請求のしくみ
自賠責保険とは?