>

自賠責保険とは?

自賠責保険とは

自賠責保険とは 自賠責保険は、自動車・原動機付自転車の所有者と運転者が、
必ず加入しなければならない保険で、
強制保険と呼ばれています。
この自賠責保険とは、被害者の救済を第一の目的としており、
対人賠償に限られています。
対人とは、死傷した相手側の運転者とその同乗者、
あるいは歩行者などをいいます。
つまり、被害者のケガや死亡だけに賠償金が支払われ、
加害者のケガや自動車の破損には、
賠償金が支払われることはありません。
もし、交通事故を起こした加害者に賠償金を支払う能力がない場合でも、 被害者は自賠責保険によって、一定の金額までは賠償金を受け取ることができます。
偶然、交通事故にあった被害者が賠償金をもらえず、泣き寝入りすることを防ぐための制度が自賠責保険であるといえます。
自賠責保険のポイント

自賠責保険の支払い限度額について

以下が、自賠責保険の支払い限度額となっています。

●死亡・・・ 3,000万円
●ケガ・・・ 120万円
●後遺障害・・・程度に応じて 75万円〜3,000万円。常に介護が必要な場合は 4,000万円


※金額は、被害者1人につきの金額で、1件の事故での総額ではありません。

このように、自賠責保険は限度額があり、対人賠償だけの支払いですので、
これだけでは十分な補償とはいえません。
そこで、これを補う任意の自動車保険が必要になってきます。
自賠責保険には対人賠償のみで限度額もあり、十分な補償ができない場合もあります。
なお自賠責保険では、他人を事故に巻き込んだ加害者に、たとえ過失がなくても賠償責任が発生するのが一般的で、これを"無過失責任"と呼んでいます。
簡単に言うと、ごく普通に自動車を運転していて、何の運転ミスもない場合でも相手がケガをした場合は、賠償する必要があるということです。
もちろん、被害者に100%過失があったときは無責となりますが、1割でも過失があれば加害者が賠償責任を負うことになり、 少しでも広い範囲の被害者を救済できるようにされています。

加害者請求

請求 加害者が被害者へ支払った賠償金の額を限度に、自賠責保険会社へ、
領収書その他の必要書類を提出して請求するのが加害者請求です。
(自動車賠償責任保障法第15条請求)
加害者側の任意保険会社が一括払いをして、その後自賠責保険会社
から回収する際の請求も加害者請求ということになります。

保険会社としては、
低い等級や非該当になったほうが最終的な賠償額を少なくできるため、
最低限の書類しか取り付けないこともあり、
後遺障害の立証に必要な検査を受けないまま申請を進めるということも多々あります。
被害者請求で申請する場合、被害者側で適切な立証をした上で申請することができますので、
加害者請求よりも適切な等級に認定される可能性が高くなります。


加害者請求のデメリット

◆後遺障害認定に必要な診断書・医証・その他書類を取り付けるのは任意保険会社となり、
 手続きが不透明で、保険会社側に有利な申請をされる可能性がある
◆任意保険会社の承諾を得ない限り,賠償金を受け取ることができない

上記理由から、当法人では、次に記載する被害者請求を推奨しております。

被害者請求

加害者側から十分な賠償を受けることができない場合に、
最低限の賠償を被害者自ら請求することもできます。
これを被害者請求といいます。(自動車賠償責任保障法第16条請求)
被害者請求で申請する場合、被害者側で必要な書類などをまとめなければならず、
申請に手間がかかるというデメリットはあるものの、
被害者側で適切な立証をした上で申請することできますので、手続きの透明性は高いものとなり、
加害者請求よりも適切な等級に認定される可能性が高くなります。

当法人では被害者請求による自賠責保険後遺障害等級認定手続きが納得の行く交通事故問題解決のために
最も重要であると考え、後遺障害等級認定手続きを専門的にサポートさせていただいています。

任意一括と被害者請求

交通事故に遭った時、通常相手方の保険会社が病院の支払いや
休業損害など事故に関する支払いをすべて一括して
対応してくれます。

事故により怪我をしたときは、
なるべく治療に専念して頂き少しでも良くなることに
集中すべきですので任意一括で保険会社に任せるのが
望ましいかと思われます。
しかしながら、治療の結果後遺障害が残った場合しかるべき後遺障害等級の認定を受ける必要があります。

その際自賠責で等級認定を受けるべく自賠責で申請する方法として、
被害者側から申請する被害者請求と加害者側から申請する加害者請求があります。

任意一括のまま進める場合が加害者請求となるのですが、
この際に後遺障害認定に必要な診断書・医証・その他書類を取り付けるのは任意保険会社となります。

任意保険会社としては、低い等級や非該当になったほうが最終的な賠償額を少なくできるため、
最低限の書類しか取り付けないこともあり、
後遺障害の立証に必要な検査を受けないまま申請を進めるということも多々あります。

被害者請求で申請する場合、被害者側で適切な立証をした上で申請することができますので
加害者請求よりも適切な等級に認定される可能性が高くなります。
自賠責の後遺障害等級が損害賠償に大きく影響することからも、当事務所では被害者請求での後遺障害申請をお勧めしています。

自賠責保険と任意保険の関係

自賠責保険は、
人身事故の被害者が最低限の補償を確保するための保険です。
よって自賠責保険には限度額が定められており、
それを超える場合は任意保険による補償となります。
任意保険は、
自賠責保険の不足分を補うことを目的としていると言えます。

自賠責保険は、人身事故の被害者が必要最小限の補償を確保するための保険です。
よって自賠責保険には限度額が定められており、それを超える場合は任意保険 による補償となります。
任意保険は、自賠責保険の不足分を補うことを目的としていると言えます。

例えば、自賠責保険は人身事故の補償のみに有効であるのに対して、
任意保険では、対物に対しても保険の適用が可能になります。

自賠責保険と任意保険の違い

自賠責保険 保険 任意保険
法律によって車両の所有者に義務づけられている 加入 任意
最低限の補償を確保する被害者保護を目的としている 目的 被害者の全損害の補償(保険契約者を債務者とする損害賠償請求による債務)を加害者に代わって支払うことを目的としている
法令により定められている 保険料・補償内容 自分で選択できる
対人賠償のみ 賠償範囲 保険商品によって異なる
原則なし。
重過失があるときのみ、減額される
過失相殺 厳格に行われる

過失相殺について

任意保険では、被害者に過失があれば、その分が損害賠償額から差し引かれます。
しかし、自賠責保険では被害者の過失が7割以上の際に減額となり、7割未満では減額されません。


被害者の過失割合 減額割合
後遺障害または死亡 傷害
7割未満 減額なし 減額なし
7割以上8割未満 2割減額 2割減額
8割以上9割未満 3割減額
9割以上10割未満 5割減額

ご相談ください
受傷から解決までのながれ
後遺障害認定のしくみ
交通事故損害賠償請求のしくみ
自賠責保険とは?