>

実況見聞について

実況見聞について

実況見分 交通事故が起こると、警察による現場の調査が行なわれます。
これを実況見分(現場検証)といいます。
警察官は交通事故の当事者に話しを聞き、
道路状況や事故車などを調べて、調書を作成します。
この調書を実況見分調書といいます。

調書には、交通事故の日時や交通事故を起こした人(被疑者)、
車両番号や損害の場所・程度・状況など、
タイヤ痕や車の停止位置などの現場の様子が詳細に記載され、
図面や写真なども添付されます。

したがって実況見分調書は、刑事裁判をはじめとして、示談や調停、民事訴訟においても重要な証拠となりますので、加害者・被害者いずれの立場でも、実況見分には必ず立ち会いましょう。
立ち会わなかった場合には、相手の言い分が一方的に調書に記載されることになりますので、
被害者の言い分は全く反映されないこととなります。


後々のことで被害者の言い分が通らないことにつながりかねません。
実況見分調書は、刑事事件として起訴されるか、
あるいは不起訴が決定するまでは閲覧することはできません。

実況見分調書は示談を行なう上で、
重要な証拠となりますので実況見分に立ち会う際には、冷静に事実を供述するようにしましょう。
また、覚えていないことやわからないことは決して推測や想像で答えずにはっきり「わからない」と答えてください。
加害者と被害者で言い分が異なることもありますが、自分の言い分が正しいと思うのであれば、
きちんと主張して調書に反映させましょう。
できれば実況見分が終了したら、調書を見せてもらい、記載内容を十分に確認することが大切です。
話した内容や事故の状況が正確に記されていない場合には、訂正を求めることが必要な場合があります。

実況見分が行なわれない場合の注意

人身事故ではない場合や大きな物損事故ではない場合、実況見分は省かれます。
また、軽微な人身事故と判断されるような場合には、詳細な調書が作成されないこともありますので、
示談の際の証拠として役に立たないこともあります。
このほか、被害者が死亡もしくは重症で長期入院をしているために、実況見分に立ち会うことができず、
結果として実況見分調書が加害者の言い分のみを反映したものになってしまう場合もありますので
注意が必要です。

実況見分調書を閲覧する方法

実況見分書 実況見分調書が閲覧できるようになるのは、
刑事裁判の開始(起訴)以降、あるいは不起訴が決定した以降です。
刑事処分が確定した場合も、不起訴となった場合も、
実況見分調書は検察庁で闖覧することが可能です。

閲覧の手数料は、1件につき150円、
その際に交通事故証明書や身分証明書、認印などが必要となります。
ただし、コピーの方法や料金に関しては、
検察庁ごとに異なる場合があります。
コピーを業者に依頼しなければならない検察庁や、
コピーを認めないがカメラによる撮影なら認めるという
検察庁もありますので、
事前に電話をして確認することが望ましいです。
また、実況見分調書以外の調査資料も、閲覧は可能です。

不起訴の場合も、裁判所、被害者またはその親族、その代理人弁護士、自動車保険料率算出機構(調査事務所)、財団法人交通事故紛争処理センター(加害者は請求が相当と認められた場合にかぎられる)などであれば閲覧ができます。


ご相談ください
受傷から解決までのながれ
後遺障害認定のしくみ
交通事故損害賠償請求のしくみ
自賠責保険とは?