>

任意保険とは?

任意保険の種類と内容

交通事故で他人に大きなケガを負わせた場合や、死亡させた時には、
多大な損害賠償の支払い責任が課せられることとなります。
自賠責保険はあくまで最低限の補償であり、死亡や大きなケガをされた場合、
また後遺障害が残った場合などは、まず間違いなく自賠責保険の限度額を超過します。

自賠責保険を超える損害賠償額は加害者自身に請求されることになるのですが、
莫大な損害賠償金を支払うことは現実的には困難であり、加害者の生活が破綻してしまいます。
また、加害者に支払い能力がなければ、被害者も補償を受けることができず、
やはり生活が成り立たなくなります。
このような状態を回避するためにも任意加入の自動車保険に加入しておくことは自動車を運転する上では必須となっています。
任意加入の自動車保険は、法律で定められている自賠責保険とは異なり、
民間の保険会社などが各自内容を決めます。
自賠責保険と任意保険 そのため、対象となる車両や保険金の限度額、保険の対象となる事故の範囲、各種特約や示談の
代行サービスなど、補償される内容の組み合わせによりさまざまな種類の保険があります。

基本となる補償内容は7種類に分かれます

①対人賠償保険 人身事故の被害者に対する死亡・ケガの賠償をします。
保険金の支払限度額は、「無制限」まで設定できます。
②自損事故保険 自動車運転中に、電柱やガードレールに衝突したり、
壁に衝突したりといった加害者のいないいわゆる自損事故に対応する保険です。
車の所有者、運転者が死傷した場合に保険金が支払われます。
ケガの場合、入・通院治療の日額に応じて保険金が支払われるほか、
介護が必要な後遺障害には、介護費用保険金が支払われます。
③無保険車傷害保険 加害者が対人賠償保険に加入していない場合や加入していても加害者の責任で保険がおりない場合、 またひき逃げにあった時などに加害者への損害賠償金にかわって支払ってくれる保険です。
保険金額はその車に付いている対人賠償保険の限度額と同じことが多いです。
保険会社は支払うことで、加害者へ求償をすることとなります。
④対物賠償保険 交通事故で他人の財産に損害を与え、法律上の賠償責任を負った場合に、保険金が支払われます。
⑤搭乗者傷害保険 契約車両に乗っている連転者・同乗者が
事故で死傷した際に保険金が支払われます。
対人や人身傷害との調整はされることはなくあくまで契約に沿った基準で支払いはなされます。
⑥車両保険 契約車両が、衝突・接触・転覆、物の飛来・落下、火災・爆発などの偶然の事故によって損害を受けた場合に、保険金が支払われます。
保険によっては故意の車両へのイタズラなどにも適用されます。
⑦人身傷害補償保険 交通事故で自分や同乗者が死傷した場合で、運転者に過失がある場合に加害者側保険で支払われない部分(過失相殺された部分)に対して補填をします。
また、加害者が任意保険に加入していない場合やひき逃げなどの場合も限度額内で損害の全体を補償してくれます。
過失割合などで揉めていて、加害者側保険からスムーズに支払いがなされない場合も、人身傷害先行で支払われるという場合もあります。

自動車保険は相手への義務を履行するためのものと自分を守るための二面性を持ちます。
自動車保険は一義的には対人・対物賠償で自身が加害者になった時に、
損害賠償責任を肩代わりしてもらい、被害者に対して確実に損害を賠償するとともに自身の経済的な損失を防ぐという面があります。
また、もう一方では被害者となった時に、加害者に損害賠償金を支払う事ができないという自体になった時に、自身の損害を保障してもらうという面もあります。
自動車事故はいくら運転者が安全運転に努めていたとしても100%防げるものではありません。
万が一に備えて、適切な内容の保険に加入することが望まれます。

任意保険の請求手続き

自賠責保険と同様に被害者からも請求可能
任意保険への請求は、免責事由に該当しないかぎり、
被害者に支払った上で加害者が請求することができます。
自賠責保険と同様に被害者による請求も可能になっています。

通常は加害者の代理人として保険会社が対応しますので、
被害者が保険会社に加害者への損害賠償額を請求する形になります。
任意一括請求として、自賠責保険部分の補償も任意保険会社に手続きを任せる事ができますが、
保険会社と揉めている場合や、後遺障害認定手続きについては自賠責保険への請求は
別途被害者請求として直接被害者側が行うことが望ましいでしょう。


加害者、被害者が任意保険会社に請求する場合の条件
加害者が請求できる場合は、被害者に対して実際に損害を賠償した後の請求となります。
被害者が請求する場合は、幾つかの条件がありますが、
現実的には任意保険会社が加害者の代理人として対応する場合がほとんどですので、その都度請求できると考えてよろしいかと思います。
なお任意保険の損害賠償権の時効は、被害者又は法定代理人が損害と加害者を知った時から時効が進行しますが、 保険会社担当者と普通にやり取りがある間は時効については
心配する必要性は低いのではと思われます。
なお、損害賠償の請求権の時効は3年で消滅します。


ご相談ください
受傷から解決までのながれ
後遺障害認定のしくみ
交通事故損害賠償請求のしくみ
自賠責保険とは?