> >

交通事故の場合の健康保険や労災保険

交通事故でも健康保険は使えます

交通事故でケガを負って病院に運ばれた場合、病院によっては、
「交通事故では健康保険を使えません」というような話しをされるかもしれません。

しかし、労災には該当せず、健康保険を使えない特段の事情がない限り、
交通事故によるケガの治療であっても健康保険を使うことができます。
健康保険や労災を使わない場合、自由診療として治療費は病院が独自に設定できます。
健康保険適用時と比べて倍以上違う病院も中にはあります。
常に健康保険を適用する必要はありませんが、過失割合が大きく、
自身の負担割合も大きい場合、重症で長期入院となり治療費が高額になりそうな場合、
加害者が自賠責しか加入していない場合、などは早めに健康保険を適用することが望ましいです。

なお、健康保険が支払った治療費(例えば本人負担が3割の場合の7割)については、
健康保険組合が加害者側への請求権を代位取得し、加害者に請求することとなります。
どうしても健康保険による治療を認めない病院は経営のことだけを考え、 患者の状況を考慮しているとはいえませんので、信頼できる病院に早期に転院されることをおすすめします。
交通事故の治療は自由診療!?

通勤や仕事中の事故は労災保険

通勤や仕事中の事故は労災保険 通動途中や仕事中、交通事故にあって傷害を負った場合は、
自賠責保険以外に労災保険に保障を請求することができます。
労災保険は、仕事中のケガや病気に対して、労働者救済を目的とする保険制度です。
健康保険を利用した場合は自己負担がありますが、労災保険の場合は負担の必要がありません。
労災保険で支払われる損害の種類は、慰謝料に相当する項目がない以外はほぼ自賠責保険と同じです。

労災保険と自賠責保険の両方が利用できる場合でも、
ひとつの項目で双方から二重に賠償金(保障)を受け取ることはできません。
後遺障害部分を例に取ると、自賠責保険と労災双方で後遺障害等級の認定を受けた場合、
それぞれで満額もらえるのではなく、調整されることとなります。


ご相談ください
受傷から解決までのながれ
後遺障害認定のしくみ
交通事故損害賠償請求のしくみ
自賠責保険とは?