>

サポートについて

無料相談から御依頼までの流れ

各種無料相談 各種無料相談
無料相談だけの御利用でも問題ありません。
受任時のお見積もりをご希望の場合は、お申し付けください。
お見積り無料です。
※お見積りは後日改めてお送り致します。



お見積書を送付 お見積書を送付
郵送・E-mailのいずれかご希望の方法で発送致します。
お見積もりのご提示させて頂くことでの費用は一切発生いたしません。
見積内容、サポート内容でご不明な点があればお気軽に
ご質問ください



御連絡ください ご依頼をご希望の際は御連絡ください
依頼される旨御連絡いただければ、契約書を送付致します。
契約書をご返送いただき次第着手致します。

自賠責保険後遺障害等級認定サポート

お打合せ・後遺障害状況の把握
また、並行して、ご依頼者様の受傷から現状までの経緯を把握するために資料を各所より取り付け、
分析します。
依頼者の多くは自覚されている後遺症の症状の他にも他の後遺障害が残っていることが多く、
また本人やご家族、主治医にも見過ごされていることが少なくありません。
それらの症状も逃さず把握して、
立証して後遺障害認定につなげていくことが私たちのサポートの特徴です。



認定に必要な検査・評価のサポート
後遺障害認定を受けるためには、症状固定後に主治医の先生から後遺障害診断書を作成して頂く必要がありますが、 先生は治療を行うことが専門であり、元来後遺障害を証明することが本来業務ではないため、
該当する後遺障害認定に必要な検査・評価を実施されていない場合が多々ございます。
自賠責保険が後遺障害を認定する上でどのような立証を要求しているかということは主治医の先生はご存じないものとお考えください。
当法人にて、検査・評価について不足しているかを確認し、不足している項目があった場合、
当法人担当スタッフが事前に精査をし、主治医への依頼文や、意見書を記載して頂く用紙の作成等を行い、
ご依頼者様に改めて主治医の先生に検査の依頼や診断書・意見書等の作成を依頼して頂きます。
基本的には事前に準備を行うことでご自身で問題なく主治医への依頼を進めて頂けますが、
症状や状況等によっては、主治医の先生への説明のために病院への同行など状況に合わせたサポートも提供しています。



後遺障害等級認定申請サポート
必要書類を揃えた上で、後遺障害等級の認定申請を行います。

他事案に応じて必要な書類を添付して申請します。
上記書類の用紙は当法人で所持しております。
また、ご用意頂く書類についても極力金銭的なご負担が少なくて済むように、担当スタッフよりご案内させて頂きます。
申請手続きも当法人にて代理・代行いたしますので、ご依頼頂いてから後遺障害等級認定結果がでるまで(自賠責保険から指定口座に入金されるまで)全てお任せ頂けます。

後遺障害等級認定後〜示談まで

後遺障害等級認定後の流れ1(ご自身で損害賠償請求される場合)

示談案の提示を受ける
保険会社に示談案の提示を求めます(ご自身で)



示談交渉 示談交渉
ご自身の請求金額や主張を決めていただき
示談交渉をご自身の手で進めていきます。
ご自身の主張をまとめた上で
紛争処理センターを利用しての示談斡旋を受けることも可能です。



交通事故問題の解決


後遺障害等級認定後の流れ2(弁護士に依頼される場合)

弁護士の選択 弁護士の選択
弊方より交通事故案件で高い実績のある弁護士・弁護士事務所を
ご希望に応じて紹介させていただきます。
お知り合いに弁護士がいる、またはご自身で探されるか場合は
弊方を通さず対応していただいて問題ありません。



引き継ぎ 引き継ぎ
弊方でお預かりしている資料および、
後遺障害人体において使用した診断書等医照の写しについて、
必要があれば弁護士事務所に送付させていただきます。

高次脳機能障害サポートの流れ

高次脳機能障害の後遺障害認定の為に必要なサポート対応は個々のケースにより変わるため、
マニュアル化した画一的な対応では対処できません。
以下に記載しておりますのは一般的な流れとなりますので、参考になさってください。


把握 打合せ・状況の把握
後遺障害立証サポートは当事者、
ご家族への面談や打ち合わせから始まります。
高次脳機能障害サポートではご依頼後まず、面談させて頂き電話や
メールでは判断できない点等を細かく確認させて頂き今後の指針を
たてるようにしています。
高次脳機能障害サポートでは面談をする場合は原則当方スタッフが
ご自宅やお近くまで出向くようにしていますので、全国どこにお住まいであっても関係なく、
負担なくご利用いただけます。
また、並行して、ご依頼者様の受傷から現状までの経緯を把握するために
資料を各所より取り付け、分析します。
現状を適切に把握することで、立証が必要な障害を推定し、
漏れのないように立証の計画の策定を行います。
依頼者の多くは高次脳機能障害の症状の他にも他の後遺障害が残っていることが多く、また本人やご家族、
主治医にも見過ごされていることが少なくありません。
それらの症状も逃さず把握して、立証していくことが私たちのサポートの特徴です。


必要な検査・評価のサポート 高次脳機能障害に必要な検査・評価のサポート
高次脳機能障害の後遺障害診断書を作成して頂く必要がありますが、
先生は治療を行うことが専門であり、
後遺障害の立証の専門ではないため、該当する後遺障害認定に必要な
検査・評価を実施されていない場合もございます。
当法人にて、検査・評価について不足しているかを確認し、
不足している項目があった場合、
改めて主治医の先生に検査の依頼をすることもございます。

主治医への依頼文だけでなく、
必要に応じて主治医の先生への説明のために病院への同行なども随時行います。
高次脳機能障害事案では医学的な書面だけでなく、家族や身近な方による受傷前後を比較する資料を
作成することも必要ですが、より的確に自賠責に伝えられるように担当スタッフが随時確認、
アドバイスをさせていただきます。

また当法人では、全国各所で高次脳機能障害を診断・評価可能な病院を多く把握しております。
ドクターのタイプまで細かく把握しており、
事案に応じて転院や他院での評価が必要なケースでも的確に判断、アドバイスさせていただいています。


後遺障害等級認定申請サポート
必要書類を揃えた上で、後遺障害等級の認定申請を行います。


他事案に応じて必要な書類を添付して申請します。

上記書類の用紙は当法人で所持しております。
また、ご用意頂く書類についても極力金銭的なご負担が少なくて済むように、
担当スタッフよりご案内させて頂きます。
申請手続きも当法人にて代理・代行いたしますので、ご依頼頂いてから後遺障害等級認定結果がでるまで(自賠責保険から指定口座に入金されるまで)全てお任せ頂けます。


後遺障害等級認定後
高次脳機能障害の事案は高い等級が認定されることが多く、損害額が高額になります。
また事案によっては介護費や自宅改装費、逸失利益など争点が多岐に渡ることから裁判による解決が不可欠になるケースがほとんどとなります。
裁判にて争う場合弁護士への依頼が必須となりますが、特に高次脳機能障害事案においては弁護士の選択が非常に重要となります。

当法人ではご希望があれば、
高次脳機能障害案件に精通した弁護士事務所を紹介させていただくことも可能です。
もちろんご自身で弁護士を探されて依頼されても問題ございません。

弁護士費用等特約とは?

弁護士の選択 弁護士費用等特約とは、
ご自身が弁護士・司法書士・行政書士・裁判所、
またはあっせんもしくは仲裁を行う機関に対して支払った
費用や報酬を補償して貰える任意保険の特約となります。

当法人ではこれまで多くの保険会社様の弁護士特約を
適用してのサポートもご提供させていただいております。
しかしながら、弊事務所の料金体系について支払いを拒否する
ケースも多く、ご利用者様に
余計なご負担をかけることもございました。

そこで、現在は弁護士費用特約をご利用してのサポートの場合弁護士費用特約が適用されるよう、
約款に合わせた料金体系、サポート内容をご提案させていただいております。
詳細は直接お問い合わせください

後遺障害認定サポート

後遺障害認定サポート
後遺障害立証サポートは
当事者やご家族との打ち合わせから始まります。
また並行して、ご依頼者様の受傷から現状までの経緯を
把握するために資料を各所より取り付け、分析します。

現状を適切に把握することで、立証が必要な障害を推定し、
漏れのないように立証の計画を策定していきます。

依頼者の中には主症状の他にも他の後遺障害が残っていることがあり、
また本人や家族、主治医にも見過ごされていることが少なくありません。
それらの症状も逃さず把握して、立証していくことが私たちのサポートの特徴です。

後遺障害認定の為に必要なサポート対応は受傷部位や残存症状、個々のケースにより変わるため、
マニュアル化した画一的な対応では対処できません。
専門スタッフが豊富な実績に基づき、個々の事例に最適なサポート対応を行うことでより適切な等級認定結果を得られるように努め、よい結果を出しています。

安心サポート

病院の同行
主治医の先生にきちんと依頼できるだろうか?主治医は後遺障害についてあまり関心がないようだけど?
このような心配をされるかたが多くおられます。
当法人では、病院の同行、主治医との面談により、主治医に必要な情報を正確に伝え、
ご依頼者に必要な後遺障害認定のための検査や評価を依頼いたします。

当法人のサポートでは病院同行にかかる費用は実費のみで対応可能ですが。
必要に応じてスタッフが判断して実施しています。


病院の紹介
当法人では、全国各地で各後遺障害に関する理解と
見識があり、患者の立場で診察していただける
病院やドクターを把握しています。

しかしながら当法人では、自賠責保険での後遺障害認定に
おいては、原則として受傷からの経過をよく把握している
病院で進めることが望ましいと考えます。
また、後遺障害の認定において特定の医師と認定をサポートする士業が過度に「連携」することは健全ではないと考えます。
ゆえに当法人では必要な場合のみ転院や、他院での後遺障害の評価を勧めるように心がけています。

私たちはあくまで正当な方法で、正当な後遺障害等級の認定を受けることを目的としています。


(1)転院サポート
現在の主治医が、後遺障害が残存することについて否定的な場合、
症状固定時の認定の際にも適切な後遺障害の評価は期待できません。
このような場合、本人やご家族にとって極力負担が少なく、
且つ適切な後遺障害等級認定がされるようにベストな方法を一緒に考え進めるようにしています。

(2)検査・評価のサポート
主治医との関係が良好で転院までの必要はないものの、必要場検査が対応できない病院もあります。
このような場合は転院ではなく検査や残存障害の評価について他院で受けられるように進め、
最終的な後遺障害診断書は主治医に書いていただくということも可能です。



各種専門家の紹介
後遺障害が残存した場合、後遺障害等級認定以外にも
様々な問題の解決や手続きが必要となる場合があります。
当法人では後遺障害認定を業として
サポートさせていただいています。
当法人スタッフで対応できる問題については無償で
サポートさせていただいていますが、
別途専門家による対応が必要になる場合があります。


(1)弁護士のご紹介
適切な後遺障害等級の認定を受けた後は
認定等級に基づいて加害者に対して損害賠償請求をすることとなります。
その際の示談交渉、訴訟を代理して進めることができるのが弁護士です。
弁護士の能力によって最終的な損害賠償額は大きく変わる場合がありますので、慎重な選択が必要です。

(2)社会保険労務士のご紹介
交通事故が労災の場合、労災の障害年金等各種手続きを行う必要がある場合があります。
また、厚生年金・国民年金での障害年金の申請が必要になる場合があります。
このような場合は、ご希望があれば社会保険労務士のご紹介をさせていただくことが可能です。



ご相談ください
受傷から解決までのながれ
後遺障害認定のしくみ
交通事故損害賠償請求のしくみ
自賠責保険とは?