自賠法で定める後遺障害の要件についてご紹介しております

交通事故の後遺障害を一緒に考える会

交通事故によって後遺症が残る場合は後遺障害認定を受ける必要があります。
私たちは後遺障害で困ったことや疑問を解決するための情報サイトを運営しています。

トップページ >後遺障害とは

4つの要件に加えて残存症状の程度が等級に該当することで後遺障害が認められます

交通事故により後遺傷害が残ると、そのために仕事を失い、介護が必要な状態に陥るなど、
本人はもとより、ご家族の将来にも極めて深刻な影響をもたらします。

後遺障害が残った場合、損害賠償の項目として
後遺障害逸失利益や後遺障害慰謝料が発生することになります。

前提として自賠責保険の後遺障害等級の認定を受けていることが必要となります。
自賠責保険の後遺障害認定は後遺障害の程度によって1級〜14級まで細かく分かれています。

後遺障害の要件としましては、以下の4つが挙げられます。

上記要件に加えて残存症状の程度が自賠法施行令の等級に該当しない限り
後遺障害として認定されることはありません。

ところが、実際には重い後遺障害が残っているにもかかわらず、
その症状が正当に認定されず、多くの方が認定等級に不満をもっておられます。

後遺障害等級を認定する損害保険料率算出機構(nliro)は、自賠責保険の後遺障害等級認定において
原則として提出された書面や画像所見でしか判断しませんので、
立証ができなければ重篤な後遺症が残存していても後遺障害等級として認められることはありません。