後遺障害の認定(後遺障害等級認定)を受けることの重要性

交通事故の後遺障害を一緒に考える会

交通事故によって後遺症が残る場合は後遺障害認定を受ける必要があります。
私たちは後遺障害で困ったことや疑問を解決するための情報サイトを運営しています。

トップページ >後遺障害認定はなぜ必要?

後遺障害等級の認定がされていないと後遺症の損害賠償・慰謝料請求ができません

後遺症の症状は被害者一人一人それぞれ異なり、すべての被害者の損害を個別に算出することは困難です。

そのため、迅速な処理を行うためにも、後遺障害を16等級142項目の等級に分類し、
残存症状を後遺障害等級として評価し認定をしています。

例え、明らかな後遺症が残っていたとしても、
自賠責保険の基準に当てはまらない限り後遺障害として認定を受けることはできません。

また、自賠責保険の認定を受けない限り、後遺障害部分の損害を加害者に請求しても、
認めさせることは非常に困難です。

交通事故に遭って後遺症が残りそうな場合は適切な後遺障害等級の認定を受ける必要があります。

認定がされない場合、実際に後遺症が残ったとしても、交通事故での後遺障害は残らなかったものとして
補償を受けることが出来ません。

後遺障害等級を認定するのは、加害者側保険会社ではなく自賠責保険(損害保険料率算出機構)であり、
自賠責保険の後遺障害認定を受けない限り、加害者側保険会社は後遺障害による損害を一切認めることは ありません。

それゆえ、 加害者側保険会社と交渉を始める前に自賠責保険で適切な後遺障害等級の認定を受けておくということ
が重要となります。

受傷内容により異なりますが、等級の認定は原則として受傷から6ヶ月経過しないと、申請をしても
認められる可能性は低いです。

交通事故の補償を受ける上で、事前に適正な後遺障害の認定を受けておくということは大変重要なポイントです。

自賠責保険にて後遺障害等級の認定を受けることで、加害者に請求できる項目に「後遺障害慰謝料」と
「後遺障害逸失利益」が加わります。
後遺障害等級の認定がされていなければ基本的にこれらの項目(後遺症が残ったことによる損害、慰謝料)
は一切認められません。

訴訟において○級相当と認められた場合は受け取れますが、裁判所が
自賠責保険の認定と異なる判断をすることは非常にまれですので、
やはり自賠責保険での後遺障害等級認定が非常に重要です。

また症状によっては複数の後遺障害等級の可能性があり、どの等級に
認定されるかと言うことが、その後の示談交渉時に大きな影響を与えることと
なります。

下図の通り、自賠責部分の後遺障害慰謝料や後遺障害逸失利益も認定等級によって金額が大きく変わりますが、
その後の加害者および加害者側保険会社への請求金額も認定等級によって非常に大きく変わってきます。