症状固定の意味合いと留意点をご紹介しております

交通事故の後遺障害を一緒に考える会

交通事故によって後遺症が残る場合は後遺障害認定を受ける必要があります。
私たちは後遺障害で困ったことや疑問を解決するための情報サイトを運営しています。

トップページ >症状固定について

受傷後6ヶ月間が回復期間となり、その後症状固定の時期が決められます

交通事故による外傷は多くの場合6ヶ月間は、著しい治療の効果が期待できる期間とされ
この間は治療に専念されることが望ましいと思われます。

この期間を過ぎると部位や症状によっては回復の度合いが鈍り、
また一定になってきますので、その場合症状固定の時期を検討することとなります。

もちろん補償のことだけを考えて症状固定の時期を決めると言うことは望ましくはなく、
あくまで必要な治療を受けることを最優先すべきかと考えます。
またしっかりとした治療を受けて、状態を主治医に把握してもらうと言うことは
認定を受ける上でも大変重要です。
焦って症状固定としてしまった結果、損害賠償の支払いがストップするだけでなく、
後遺障害が認定されなくなるという状況に陥る事もございます。

保険会社から治療を強制的に打ち切られたとしても、
「治療費が自己負担になるから症状固定にする、治療をやめる」ということではなく
ご自身の症状を主治医とよくご相談の上、
また後遺障害認定を受ける上で適切な時期であるかどうかを考慮のうえ、
症状固定の時期を決めることが望ましいと思われます。

なお、保険会社から打ち切られた後の治療費は、健康保険を使い負担を軽減することができます。
最終的に何らかの後遺障害等級が認定されれば、立て替えた症状固定までの期間の治療費についてもほぼ問題なく
加害者側に支払ってもらうことができます。