交通事故の後遺障害を一緒に考えるサイトが考える精密検査の重要性

交通事故の後遺障害を一緒に考える会

交通事故によって後遺症が残る場合は後遺障害認定を受ける必要があります。
私たちは後遺障害で困ったことや疑問を解決するための情報サイトを運営しています。

トップページ >脳にダメージが残っていないか

被害者本人だけでなく周りの方にも考えて頂きたいと交通事故の後遺障害を一緒に考えるサイトでは考えております

頭を打った交通事故では、脳を損傷し脳機能に後遺障害が残ることがあります。
脳挫傷、脳出血等で脳を損傷した場合、交通事故の前と後で性格や仕草が変わったりする場合があります。
この場合は、高次脳機能障害を疑いましょう。

交通事故で脳に大きなダメージを受けた場合は、
後遺障害として高次脳機能障害が残存する可能性があります。

脳挫傷、脳出血等で脳を損傷した場合、
退院後も定期的に画像検査を受ける事が望ましいです。

検査結果だけではわからない日常の変化も記録しましょう

なお、高次脳機能障害で自賠責保険の後遺障害認定を受けるためには、
医学的な証明のほか、被害者の日常生活や仕事の状況が、
交通事故に遭う前と後で、どのように変化したのか、丁寧にまとめる必要があります。

被害者本人が変化を認識できない場合

被害者本人は高次脳機能障害による諸々の変化を認識できないことも多いです。

実際に介護にあたっている家族や医師に、
簡単な報告書の作成を依頼されることもありますので、
事故直後からの経過をできるだけ詳細にまとめておくことが必要です。

神経心理学検査は後遺障害認定には欠かせない検査となりますが、
残存症状に適した検査を全て受けることができるよう適切に手配することが必要です。

自賠責保険にて、被害者が脳外傷による高次脳機能障害であると認定されたら、
後遺障害等級が決められ後遺障害保険金が支払われます。

高次脳機能障害は、外見上の変化がほとんどない場合が多いため、
ご家族はもちろん、主治医でさえ気がつかず見過ごしてしまう事も多々あります。

交通事故に遭う以前と比べて「こんな事は無かったのに・・・」と感じるなら、
「気のせい」と片付けずに体からのサインにじっくり耳を傾けてみましょう。
神経に損傷があった場合、事故の直後は軽傷だと思っていても、
日に日に痛みが増してくることはよく聞く事例です。

ちょっとした気付きがありましたら、退院後もその都度受診するようにし、
主治医に現状の痛みや、違和感を覚える点について簡潔かつ、的確に伝えていくようにしましょう。

後遺障害保険金の請求には時効があります!

請求に際しては時効には日々注意しておく必要があります。
被害者での後遺障害の請求権は症状固定日の翌日から3年間で時効により消滅します。