後遺障害が残りそうな事故に遭った時はすぐに医療機関で受診することが重要です

交通事故の後遺障害を一緒に考える会

交通事故によって後遺症が残る場合は後遺障害認定を受ける必要があります。
私たちは後遺障害で困ったことや疑問を解決するための情報サイトを運営しています。

トップページ >医療機関に対して

事故後の検査は申請時の因果関係の立証にも繋がります

交通事故に遭った際、大きな怪我であれば救急車で病院に運ばれますが、
見た目に外傷がない場合や、軽傷の場合、被害者本人が「これくらい大丈夫」と、
きちんとした検査を受けずにすませる人もいますが・・・。

受傷時の検査が大事です。後々後悔しないために、交通事故に遭ったときはきちんと検査をしてもらいましょう。

受傷時、病院に運ばれた際に、
からだの全てを診断してくれるわけではありません。
骨折等明らかに受傷した部位以外は、
原則、本人が痛みを訴えた部位、気になり訴えた部位など、
主治医に訴えないと診察してもらえないことが多くあります。

少しでも気になる部位があれば主治医に直接言って診てもらうようにしましょう。

後日、痛みがはっきりとしてきて、それから診てもらったとした場合、
交通事故との因果関係を否定され、後遺障害認定で不利になったり、
場合によっては治療費の支払いすら拒否される場合もあります。

一番痛いところだけに気が回ってしまいますが、大きな事故であればあるほど、
MRIやCTなどの撮影をしてもらい、全身に異常がないかどうかを早期に調べておきましょう。

病院によっては、受傷内容から、治療のための検査としては
レントゲン撮影で十分と考え、レントゲンのみの撮影にとどまることも多いようです。

あくまで医師は治療をすることが仕事であり、
後々の後遺障害認定を考えて画像を撮るわけではありません。

しかしながら、自動車保険では画像等による他覚的な証明を非常に重要視しており、
また交通事故と残存症状との因果関係を重視しています。

受傷直後から後遺障害云々を考えることは縁起でもないことですが、
常に万が一の場合を考え、ベストの対応をとっておくことが望ましいと思われます。