後遺障害の定義や、該当する症状についてご紹介しております

交通事故の後遺障害を一緒に考える会

交通事故によって後遺症が残る場合は後遺障害認定を受ける必要があります。
私たちは後遺障害で困ったことや疑問を解決するための情報サイトを運営しています。

トップページ > 後遺障害とは

後遺障害とは何か、正しい知識を得て頂くことからはじめましょう

身体に傷害を被り、その結果として器質障害・機能障害・奇形変形障害・精神神経障害
などの改善の見込みのない障害が残存していることをいいます。
自動車保険では労災基準に準拠して1 級から14 級までに区分されています。

後遺障害と後遺症は、一般的にはほぼ同じ意味で使われています。

後遺障害認定が受けられる状態とは、治療をしてもこれ以上よくはならず、
病気や弊害が半永久的に続くという状態のことを指します。
後遺障害認定を受けるためには、残った症状を主治医に正確に評価して頂き、
自賠責保険に後遺障害等級の申請をすることになります。

追突事故に遭って、どうも首が痛い。
しかし、病院行っても悪いところが見当たらない。
医者に行っても改善の兆しがない。だけど、やっぱり交通事故からおかしい。
こういったはっきりとしない症状でも
後遺障害の等級の14 級にあてはまる可能性はあります。

交通事故から6 ヶ月病院に通っている。しかし、治らない。
その場合は今後も当面は症状が続くであろうと推定され認定されることとなります。

大きな後遺障害が残る場合ばかり注目されがちですが、むち打ち症状も
6ヶ月以上症状が継続する場合は後遺障害として認定される可能性はあります。

本当に身体が悪いのであればこれからの生活に影響が出ますのでしっかり等級認定してもらいましょう!

後遺症の態様は被害者一人一人それぞれ異なります。
しかし、すべての被害者の損害を個別に算出することは困難です。
そのため後遺障害を16 等級142 項目の等級に分類し、迅速かつ公平な処理を試みています。

後遺障害部分の基礎となる慰謝料や労働能力喪失率などは
等級に応じて定められており、症状は同じでも、等級が適正に評価されるかされないかで
大きく損害賠償請求額が変わってきます。
後遺症の等級は損害賠償請求の基礎となりますので、
適正な賠償を受けるためには、適正な等級認定を受ける必要があるのです。

1級(重度)〜14級(軽度)
等級をクリックで詳細を
ご覧いただけます。

等級認定されると、その等級に応じた保険金を受け取ることができます。
更にこのお金以外に公的な補助も利用できるようになります。