少しでも良い環境になるようサポートするKKSセンターが自賠責と任意の保険の違いについてわかりやすく説明いたします

サイトマップ 事務所概要 お問い合わせ

後遺障害の実績全国で多数 交通事故による後遺障害サポート

自賠責保険と任意保険

自賠責保険とは、自動車・原動機付自転車の所有者と運転者が、
必ず加入しなければならない保険で、強制保険と呼ばれています。

この自賠責保険とは、被害者の救済を第一の目的としており、対人賠償に限られています。
対人とは、死傷した相手側の運転者とその同乗者、あるいは歩行者などをいいます。

つまり、被害者のケガや死亡だけに賠償金が支払われ、
加害者のケガや自動車の破損には、賠償金が支払われることはありません。
もし、交通事故を起こした加害者に賠償金を支払う能力がない場合でも、
被害者は自賠責保険によって、一定の金額までは賠償金を受け取ることができます。

また、通常親子、配偶者が加害者となる交通事故の場合任意保険では
「家族間では損害賠償請求は発生しない」との考えから対人での補償対象から外れますが、
自賠責保険はこの場合も補償対象となります。

交通事故にあった被害者が加害者の資力に関わらず、
最低限の補償は確保できる様に補償するということが自賠責制度の考えです。

自賠責保険の支払い限度額について

自賠責保険の支払い限度額は以下のとおりです。

  • 死亡・・・ 3,000万円
  • 傷害部分・・・ 120万円
  • 後遺障害部分・・・程度に応じて 75万円〜3,000万円。常に介護が必要な場合は 4,000万円

金額は、被害者1人につきの金額で、1件の事故での総額ではありません。
加害者が複数いる場合は共同不法行為が成立し、複数の自賠責保険が使用できます。
つまり上記の限度額が自賠責の数の分だけ枠が広がります。

このように、自賠責保険は限度額があり、対人賠償だけの支払いですので、
これだけでは十分な補償とはいえません。

自賠責保険を超えた損害については加害者(保険会社)に請求し、支払いを求めることになります。
なお自賠責保険では、被害者自身の過失が100%でない限りは支払われ、
少しでも広い範囲の被害者を救済できるようにされています。

自賠責保険と任意保険の関係

自賠責保険は、人身事故の被害者が最低限の補償を確保するための保険です。
よって自賠責保険には限度額が定められており、
通常本来の損害額は自賠責保険の限度額を遙かに超過します。

自賠責保険でまかなえない損害は加害者(任意保険)に請求することになるため、
任意保険は自賠責保険の不足分を補うこと
(加害者が請求される損害賠償請求額を補填すること)を目的としていると言えます。

自賠責保険と任意保険の違い

自賠責保険 任意保険
加入 法律によって車両の所有者に
義務づけられている
任意
目的 最低限の補償を確保する
被害者保護を目的としている
被害者の全損害の補償
(保険契約者を債務者とする損害賠償請求による債務)を加害者に代わって支払うことを目的としている
保険料
補償内容
法令により定められている 自分で選択できる
賠償範囲 対人賠償のみ 保険商品によって異なる
過失相殺 原則なし。
重過失があるときのみ、減額される
厳格に行われる

過失相殺について

任意保険では、被害者に過失があれば、その分が損害賠償額から差し引かれます。
しかし、自賠責保険では被害者の過失が7割以上の際に減額となり、7割未満では減額されません。

被害者の過失割合 減額割合
後遺障害または死亡 傷害
7割未満 減額なし 減額なし
7割以上8割未満 2割減額 2割減額
8割以上9割未満 3割減額
9割以上10割未満 5割減額

自賠責保険の支払基準

自賠責の支払基準は損害別に定められており、傷害(ケガ)を負って、
それが後に後遺障害となった場合は傷害と後遺障害の損害賠償請求が可能になり、
ケガを負って死亡した場合は傷害と死亡の両方の損害賠償請求ができます。

傷害(ケガ)による損害限度額:120万円

費目 定義・内容 支払基準
治療費 応急手当費・、診察料、 入院料、
投薬料、手術料等の費用等
必要かつ妥当な額
看護費 入院中の看護料
12歳以下の子どもに近親者が付き添った場合
1日につき4,100円
自宅看護料又は
通院看護料
12歳以下の子どもに近親者が付き添った場合
医師が看護の必要性を認めた場合
必要かつ妥当な実費
近親者の場合、1日につき2,050円
通院交通費 通院に要した交通費 必要かつ妥当な額
諸雑費 入院中の諸雑費 入院1日につき、1,100円
義肢等の費用 義肢、歯科補鉄、義眼、補聴器、
松葉杖などの費用
医師が認めた必要かつ妥当な実費
診断書等の費用 診断書、診療報酬明細書などの発行費用 必要かつ妥当な額
文書料 交通事故証明書、印鑑証明等の費用 必要かつ妥当な額
休業損害 事故による傷害のために発生した収入の減少 1日につき5,700〜19,000円
慰謝料 精神的・肉体的な苦痛に対する補償 入通院1日につき4200円
※【実治療日数×2】と【治療期間】の
どちらか少ない方で計算)

後遺障害(後遺障害)による損害

支払内容

損害 定義・内容
逸失利益 身体に障害を残り、労働能力が低下したために、将来に渡り発生する収入の減少
慰謝料 交通事故による精神的・肉体的苦痛に対する補償

但し自賠責保険においては下表のとおり認定等級ごとに支払限度額が設定されていますので
後遺傷害慰謝料、後遺障害逸失利益の全額を自賠責保険から受け取れるわけではありません。
(限度額を超える損害は加害者任意保険会社に請求することになります)

後遺障害の逸失利益の計算式

逸失利益=基礎収入額×労働能力喪失率×労働能力喪失期間に対応するライプニッツ係数

  • 基礎収入額(計算の基礎となる年収額)
  • 労働能力喪失率(後遺障害によって失われる労働能力の割合)
    等級ごとに定められています。
  • 労働能力喪失期間(後遺障害によって労働能力が失われる期間)
    通常67歳までで計算します。
    ※むち打ち症の場合12級で10年以下、14級で5年以下に制限される例が多く見られます。
  • ライプニッツ係数(将来の分まで一括で賠償金額を受け取ることにより発生する利息分)
    法定利息(5%)を差し引いた係数

基礎収入の基準(自賠責基準による)

有職者
原則:事故前一年間の収入額と賃金センサス年齢別(平均年収額のいずれか高い額)

  • 35歳未満であって、事故前1年間の収入を立証できる者
    (年収額か、賃金センサスの全年齢平均年収額か、年齢別年収額のいずれか高い額 )
  • 事故前1年間の収入額立証が困難な者
    (35歳未満の場合、賃金センサスの全年齢平均年収額か、年齢別年収額のいずれか高い額)
    (35歳以上の場合、賃金センサスの年齢別年収額 )
  • 退職後一年を経過していない失業者
    (上記の基準を準用)

幼児・児童・生徒・学生・家事従事者
賃金センサスの全年齢平均年収額。
ただし、58歳以上の者で年齢別平均年収額が全年齢平均年収額を下回る場合、
年齢別平均年収額

その他働く意思と能力を有する者
賃金センサスの年齢別平均年収額。ただし、全年齢平均年収額を上限とする。

賃金センサスとは厚生労働省の賃金構造基本統計調査のことで、
性別、年齢別、 学歴別の年収額の目安として用います。

労働能力喪失率

等級 支払限度額 慰謝料 労働能力喪失率
別表1
1級 4,000万円 1,600万円 100%
2級 3,000万円 1,163万円 100%
別表2
第1級 3,000万円 1,100万円 100%
第2級 2,590万円 958万円 100%
第3級 2,219万円 829万円 100%
第4級 1,889万円 712万円 92%
第5級 1,574万円 599万円 79%
第6級 1,296万円 498万円 67%
第7級 1,051万円 409万円 56%
第8級 819万円 324万円 45%
第9級 616万円 245万円 35%
第10級 461万円 187万円 27%
第11級 331万円 135万円 20%
第12級 224万円 93万円 14%
第13級 139万円 57万円 9%
第14級 75万円 32万円 5%

自動車損害賠償保障法とは

自動車損害賠償保障法とは、自動車の運行によって人の生命または身体が害された場合における
損害賠償を保障する制度を確立することにより被害者の保護を図り、自動車運送の健全な発達に
資することを目的として昭和30年7月29日法律第97号をもって公布されました。

自動車損害賠償保障事業制度の制定

加害者が自賠責保険に未加入である場合や、ひき逃げなど加害者が不明な事故の場合、
自賠法において、加害者に代わり政府が保険金を支払い、被害者を救済するという制度です。

また、自賠法では、運転者だけではなく「運行供用者」に対しても損害賠償を追う責任を課しています。
運行供用者とは、「運行を支配し、運行による利益をもつ人」のことです。

運行供用者が損害賠償を免責になる例

車の所有者 、車を借りた人 、レンタカー会社またはタクシー会社の事業主、
運転手を雇っている会社・運行供用者が損害賠償を免責になるのは、
以下の3つの条件を満たす場合のみです。

  • 運転者および運行供用者が自動車の運行に関して注意を怠っていないとき
  • 被害者もしくは運転者以外の第三者に落ち度があったとき
  • 自動車に構造上の欠陥や機能障害がなかったとき

これらの立証は困難であるため、ほとんどの人身事故の場合、
運行供用者も賠償責任を負うことになります。