後遺障害が残ってしまってもKKSセンターは万全の体制でサポートしてまいります

サイトマップ 事務所概要 お問い合わせ

後遺障害の実績全国で多数 交通事故による後遺障害サポート

後遺症が残りそうな時

後遺障害が残りそうな時は自賠責への後遺障害認定の申請を!!

加害者側に損害賠償の請求をする際に、
その内訳は大きく分けて下記二つの請求となります。

  • 傷害部分の請求
  • 後遺障害部分の請求

傷害部分の請求は実損害や入通院期間に応じて、
損害額を算出して請求していくこととなるのですが、後遺障害部分については
自賠責保険での後遺障害等級の認定を受けない限り、請求しても一切認められることはありません。

後遺障害等級認定のサポートをいたします

訴訟において自賠責の結果を覆して○級相当との評価を受けることも可能ですが、
基本的には訴訟においても自賠責の結果を尊重する傾向にあるようですので、
やはり自賠責での後遺障害認定が重要となります。

当事務所では特にこの部分、後遺障害等級認定のサポートに力を入れて取り組んでいます。

ご自身の症状を裏付ける検査を受けましょう

後遺障害認定の申請時にいくらご自身のつらい現状を、
とうとうと書き連ねてもそれだけで等級が認定されるということがありません。
ご自身の自覚症状を裏付ける、
医学的な所見を揃えて申請する必要があります。

そのためには、ご自身の症状を立証するために必要な検査を受けるよう
主治医と相談しながら進めていく必要があります。

しかしながらお医者さんはあくまで治すことが仕事であり、
後遺障害を証明することが本業ではありません。
そのため自賠責が求める検査を把握されていないことが多く、
被害者側で必要な検査を依頼していく必要がある場合もございます。

後遺障害を正しく証明するためのサポート体制がございます。

場合によっては治療のほか、事故の当事者(受傷者)にとって、
納得のいく後遺障害等級の認定をとるために必要な診断書・検査等があります。

当事務所でサポートさせていただく場合は
このような部分からもサポートをさせていただいています。