後遺障害認定までの流れを、膨大な認定事例を持つKKSセンターが丁寧にご説明いたします

サイトマップ 事務所概要 お問い合わせ

後遺障害の実績全国で多数 交通事故による後遺障害サポート

正式ご依頼までの流れ
後遺障害認定の流れ:自賠責保険後遺障害等級認定サポート
1:お打合せ・後遺障害状況の把握 電話打ち合わせイメージ
具体的な作業内容

ご依頼後は、まず面談やお電話等で打ち合わせをさせていただきます。
また並行して、ご依頼者様の受傷から現状までの経緯を把握するために
資料を各所より取り付け、分析します。

ここがポイント!

依頼者の多くは自覚されている後遺症の症状の他にも他の後遺障害が残っていることが多く、
また本人やご家族、主治医にも見過ごされていることが少なくありません。
それらの症状も逃さず把握して、立証して後遺障害認定につなげていくことが私たちのサポートの特徴です。

ステップ2へ
2:認定に必要な検査・評価のサポート

後遺障害認定を受けるためには、症状固定後に主治医の先生から後遺障害診断書を作成して頂く必要がありますが、先生は治療を行うことが専門であり、元来後遺障害を証明することが本来業務ではないため、該当する後遺障害認定に必要な検査・評価を実施されていない場合が多々ございます。

自賠責保険が後遺障害を認定する上でどのような立証を要求しているかということは
主治医の先生はご存じないものとお考えください。

電話打ち合わせイメージ
具体的な作業内容

当法人にて、検査・評価について不足しているかを確認し、
不足している項目があった場合、当法人担当スタッフが事前に精査をし、
主治医への依頼文や、意見書を記載して頂く用紙の作成等を行い、
ご依頼者様に改めて主治医の先生に検査の依頼や
診断書・意見書等の作成を依頼して頂きます。

ここがポイント!

基本的には事前に準備を行うことでご自身で問題なく主治医への依頼を進めて頂けますが、
症状や状況等によっては、主治医の先生への説明のために病院への同行など
状況に合わせたサポートも提供しています。

ステップ3へ
3:後遺障害等級認定申請サポート

必要書類を揃えた上で、後遺障害等級の認定申請を行います。

必要な書類
  • 後遺障害診断書
  • 初診から症状固定日までの診断書、診療報酬明細書
  • 事故時及び症状固定日直前のXPやCT、MRIの画像
  • 事故証明書
  • 事故発生状況報告書
  • 支払請求所兼指図書

他事案に応じて必要な書類を添付して申請します。 上記書類の用紙は当法人で所持しております。

ここがポイント!

ご用意頂く書類は極力、金銭的なご負担が少なくて済むように、担当スタッフよりご案内させて頂きます。
申請手続きも当法人にて代理・代行いたしますので、ご依頼頂いてから後遺障害等級認定結果がでるまで
(自賠責保険から指定口座に入金されるまで)全てお任せ頂けます。

以下は受任業務範囲外の流れとなります。

サポートメニューに戻る

高次脳機能障害サポートの流れ

高次脳機能障害の後遺障害認定の為に必要なサポート対応は個々のケースにより変わるため、
マニュアル化した画一的な対応では対処できません。
以下に記載しておりますのは一般的な流れとなりますので参考になさってください。

1:打合せ・状況の把握 打ち合わせイメージ
具体的な作業内容

後遺障害立証サポートは当事者、ご家族への面談や打ち合わせから始まります。
高次脳機能障害サポートではご依頼後まず面談させて頂き、
電話やメールでは判断できない点等を細かく確認のうえ、
今後の指針をたてるようにしています。

また、並行して、ご依頼者様の受傷から現状までの経緯を把握するために資料を各所より取り付け、
分析します。 現状を適切に把握することで、立証が必要な障害を推定し、
漏れのないように立証の計画の策定を行います。

ここがポイント!

依頼者の多くは自覚されている後遺症の症状の他にも他の後遺障害が残っていることが多く、
また本人やご家族、主治医にも見過ごされていることが少なくありません。
それらの症状も逃さず把握して、立証して後遺障害認定につなげていくことが私たちのサポートの特徴です。

ご安心ください

高次脳機能障害サポートでは面談をする場合は原則当方スタッフがご自宅やお近くまで
出向くようにしていますので、全国どこにお住まいであっても関係なく、負担なくご利用いただけます。

ステップ2へ
2:高次脳機能障害に必要な検査・評価のサポート

高次脳機能障害の後遺障害診断書を作成して頂く必要がありますが、
先生は治療を行うことが専門であり、後遺障害の立証の専門ではないため、
該当する後遺障害認定に必要な検査・評価を実施されていない場合もございます。

具体的な作業内容

当法人にて、検査・評価について不足しているかを確認し、不足している項目があった場合、
改めて主治医の先生に検査の依頼をすることもございます。主治医への依頼文だけでなく、
必要に応じて主治医への説明のために病院への同行なども随時行います。
高次脳機能障害事案では医学的な書面だけでなく、家族や身近な方による
受傷前後を比較する資料を作成することも必要ですが、より的確に自賠責に伝えられるように
担当スタッフが随時確認、アドバイスをさせていただきます。

ここがポイント!

また当法人では、全国各所で高次脳機能障害を診断・評価可能な病院を多く把握しております。
ドクターのタイプまで細かく把握しており、事案に応じて転院や他院での評価が必要なケースでも
的確に判断、アドバイスさせていただいています。

ステップ3へ
3:後遺障害等級認定申請サポート

必要書類を揃えた上で、後遺障害等級の認定申請を行います。

必要な書類
  • 後遺障害診断書
  • 初診から症状固定日までの診断書、診療報酬明細書
  • 事故時及び症状固定日直前のXPやCP、MRIの画像
  • 事故証明書
  • 事故発生状況報告書
  • 支払請求所兼指図書

他事案に応じて必要な書類を添付して申請します。上記書類の用紙は当法人で所持しております。

ここがポイント!

ご用意頂く書類は極力、金銭的なご負担が少なくて済むように、担当スタッフよりご案内させて頂きます。
申請手続きも当法人にて代理・代行いたしますので、ご依頼頂いてから後遺障害等級認定結果がでるまで
(自賠責保険から指定口座に入金されるまで)全てお任せ頂けます。

ステップ4へ
4:後遺障害等級認定後

高次脳機能障害の事案は高い等級が認定されることが多く、損害額が高額になります。
また事案によっては介護費や自宅改装費、逸失利益など争点が多岐に渡ることから
裁判による解決が不可欠になるケースがほとんどとなります。

高次脳機能障害サポートイメージ
具体的な作業内容

当法人ではご希望があれば、高次脳機能障害案件に精通した
弁護士事務所を紹介させていただくことも可能です。
もちろんご自身で弁護士を探されて依頼されても問題ございません。

ここがポイント!

裁判にて争う場合弁護士への依頼が必須となりますが、
特に高次脳機能障害事案においては弁護士の選択が非常に重要となります。

サポートメニューに戻る